FANDOM


「上には上がいる」
クワイ=ガン・ジン[出典]

サンド・アクア・モンスター(Sando aqua monster)はミッド・リム惑星ナブーの深に生息した最大の肉食クリーチャー。ナブー・アビスの食物連鎖の頂点に立つ支配者だったが、惑星の住民にとっては伝説的存在だった。サンド・アクア・モンスターは2本の腕で獲物を捕まえ、頭部を引きちぎって捕食した。サンドはコロ・クロー・フィッシュオピー・シー・キラーを捕食した。

生態と特徴

サンド・アクア・モンスターは体長160[1]~200メートル[2]、体重54,000トンの巨大水生クリーチャーである。平均して100も生きるこの怪獣は惑星ナブーの深最大の捕食動物で、“ナブー・アビス”の支配者だった。[1] サンド・アクア・モンスターは海中でも自由に動き回れる筋肉質な体を持ち、水かきのある2本の手と大きな顎を備え、口内にはカミソリのように鋭い歯が並んでいた。サンドは巨大な体を維持するために絶えず餌を捕食する必要があり、魚の群れをそっくり飲み込むこともあった。サンドは深海にうまく身を隠すため目撃例が少なく、生態については謎が多かった。[2][4] 深海の食物連鎖の頂点に立つサンドは、力強い腕でコロ・クロー・フィッシュオピー・シー・キラーを捕まえ、頭を引きちぎって捕食した。[1] サンドはオピー・シー・キラーの固い殻をかみ砕くことができる唯一の生き物だった。[4]

大草原の地下に広がるエルーアバッドの洞窟群はサンド・アクア・モンスターの出没地として悪名高かった。[5]

歴史

Sandoaquamonster

オピー・シー・キラーを貪るサンド

ナブーの住民にとってサンド・アクア・モンスターは現実というよりも恐ろしい伝説上の存在で[1]、海を航行するグンガンでさえこの巨大獣を目撃することはほとんどなかった。[4] サンドはナブー人の前に実際に姿を現したことがなく、岸に骸が打ち上げられたことが数回あっただけだった。[1]

ナブー危機のさなか、トライバブル・ボンゴに乗ってアビスを航行したクワイ=ガン・ジンオビ=ワン・ケノービジャー・ジャー・ビンクスは、首都シードへ向かう途中で深海の怪物たちに遭遇した[3] (彼らにボンゴを与えたボスルーガー・ナスは、グンガンがナブー危機に巻き込まれないよう、3人が深海の怪物に食われてしまえばいいと考えていた[1])。ボンゴはまず初めにオピー・シー・キラーに狙われたが、後方から現れたサンド・アクア・モンスターがオピーを捕食し、思いがけず3人の命を救った。その後、ボンゴはコロ・クロー・フィッシュとサンドに挟まれたが、ケノービの操縦で危険を回避し、アビスから脱出した。コロ・クローはそのままサンドの方向へ直進してしまい、なすすべもなく食い殺された。[3]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki