FANDOM


「何人かが暗殺され、評議員の数が減少すると、メンバーのひとりであるサンデル・カリヴァスは、評議会を解散し、自分が新しい皇帝となり、帝国領を治めることにした。これは、その動機も忠誠を誓っている相手も謎に包まれている男、ノム・アノアの指示によるものだった」
新共和国歴史評議会[出典]

サンデル・カリヴァス[1](Xandel Carivus)は人間男性で、帝国暫定評議会のリーダーになって銀河皇帝を自称した。帝国領の深奥に位置する惑星オード・カントレルの裕福な一族の生まれだったカリヴァスは、銀河帝国のルーリング・カウンシルに加わり、資金を提供していた。10 ABY、皇帝パルパティーンクローンの肉体で復活した際、カリヴァスたち評議員は、ロイヤル・ガーズマンの変節者キア・ケイノスの陰謀に加担し、皇帝を破滅へと導いた。パルパティーンのダーク・エンパイアが崩壊すると、ジャックスは新しい皇帝になってクリムゾン・エンパイアを創始し、カリヴァスたちは彼の暫定評議会のメンバーになった。

カリヴァスは評議会で謎の人物ノム・アノアの指示に従って活動していた。彼は知らなかったが、アノアは別銀河からやってきたユージャン・ヴォングの偵察兵で、来るべき侵略戦争に備えて帝国の崩壊を早めようとしていたのだった。11 ABY、ジャックスが同じロイヤル・ガーズマンのキア・ケイノスによって殺害されると、バー・ノライズが暫定評議会のリーダーとして帝国を治めた。しかしノライズはアノアによって暗殺され、暫定評議会はカリヴァスを新しいリーダーに指名する。新しい地位を得たカリヴァスは、アノアの指示に従って皇帝を自称し、他の評議員たちを逮捕した。しかし、銀河系最大の私設艦隊を所有するバロンレイジズ・ダスタが、娘を逮捕されたことに激怒してカリヴァスと敵対した。カリヴァスはオード・カントレルの戦いでダスタに敗北し、パルパティーンを葬った人々に復讐を求めるキア・ケイノスによって殺害された。カリヴァスが死に、暫定評議会が消滅したことで、帝国の最後の中央組織が崩壊した。散り散りになった帝国軍は、やがてナタシ・ダーラによって再編成された。

経歴

皇帝に対する陰謀

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ・インサイダーEX』収録の記事、『小説によるアプローチ』ではザンデル・カリヴァスの表記が使われている。

登場作品

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはサンデル・カリヴァスに関する4枚の画像があります。
  • Crimson Empire II: Council of Blood (初登場)
  • Crimson Empire III: Empire Lost 1 (言及のみ)
  • Crimson Empire III: Empire Lost 3 (言及のみ)
  • Crimson Empire III: Empire Lost 5 (言及のみ)
  • 運命の道 (言及のみ)

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
帝国暫定評議会のメンバー
イモーデット · カノア・ジャックス · クールータ=ファイフ ·
サンデル・カリヴァス · ジェラタイ · タン・スターパイア · チアンク · ノリム・キム
バー・ノライズ · フィーナ・ダスタのクローン · マード・ウィンドコーラー
マノス · レッド・ウェッセル · ロン・バンジーア
[edit]
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。