FANDOM


サンダーリ(Sundari)はアウター・リム・テリトリー惑星マンダロアの地表に設けられた、新マンダロリアン政府の首都である。数世紀におよぶ紛争で荒廃した白い砂漠地帯に築かれており、サティーン・クライズ女公爵の時代にドーム都市として発展した。荒れ果てた環境から市民を保護するバイオ=ドームの中にキュビズムの町並みが広がっており、出入り口のドックと中心部をつなぐ移動手段としてリパルサークラフト自動輸送艇が用いられていた。サンダーリには公爵の宮殿があり、法執行機関であるマンダロリアン・ガードポリス・スピーダーを使って都市のパトロールを行った。

クローン戦争の初期、デス・ウォッチと呼ばれるマンダロリアンの過激派がサンダーリの記念館を狙ったテロ攻撃を行った。また、新マンダロリアン政権のアルメク首相はサンダーリに闇市場を設立し、物資不足に悩まされていた市民のために違法に品物を輸入しようとした。しかしムーガン密輸業者が運んできた飲み物によってサンダーリの子どもたちに中毒症状が発生したことをきっかけに、闇市場に関連した汚職が政府官僚にまで及んでいることが発覚した。陰謀を暴かれたアルメクは逮捕され、王立刑務所に収監された。

19 BBY、デス・ウォッチはサンダーリで新マンダロリアン政権に対するクーデターを起こした。彼らはシス卿ダース・モール率いる犯罪同盟シャドウ・コレクティヴと結託し、サンダーリの各地でギャングによる襲撃事件を発生させる。デス・ウォッチの戦士たちは惑星の救世主としてサンダーリに帰還し、事前の打ち合わせ通りギャングたちを“撃退”した。クライズ政権の危機対応能力の低さに不満をつのらせていたサンダーリ市民はデス・ウォッチを歓迎し、首領のプレ・ヴィズラがマンダロアの新しい統治者となった。しかしヴィズラはクーデター成功直後にシス卿ダース・モールによって倒され、モールに忠誠を誓ったマンダロリアン・スーパー・コマンドーと、ヴィズラの副官であったボ=カターン・クライズ率いるナイト・アウルのあいだに内戦が勃発した。

登場エピソード

Sundari royal palace

バイオ=ドームの内部

参考資料

脚注

マンダロリアン
派閥 マンダロリアン・ネオ=クルセイダー - 新マンダロリアン - デス・ウォッチ - ジャーニーマン・プロテクター - ナイト・アウル - マンダロリアン・スーパー・コマンドー - インペリアル・スーパー・コマンドー
氏族 クライズ家クライズ氏族) - ヴィズラ家サクソン氏族 - ヴィズラ氏族 - レン氏族) - エルダー氏族 - ルック氏族
地名 マンダロアサンダーリ - 王立アカデミー) - カレヴァラ - クローネスト - コンコーディア - コンコード・ドーン
兵器 マンダロリアン・アーマー - マンダロリアン・ヴァンブレイス - ウェスター35ブラスター・ピストル - グラップリング・ライン - パラライジング・ダート - 小型携帯式シールド - ジェットパック - ダークセーバー
ビークル アカジョア級シャトル - コムルク級ファイター/トランスポート - バルター級スウープ - ファング・ファイター
[テンプレート]
他言語版