FANDOM


「奴は裏切り者、分離主義者どもの手先だ」
ソウ・ゲレラ[出典]

サンジェイ・ラッシュ(Sanjay Rash)は人間男性で、惑星オンダロンクローン戦争への不参加を貫いていた前任者ラムシス・デンダップを退位させ、ドゥークー伯爵分離主義勢力ドロイド軍によるオンダロン占領を許した。しかしラッシュの統治に不満を持つオンダロン反乱軍が勢力を拡大し、首都イジズで大規模な暴動が発生する。反乱軍がデンダップを救出した後、ドゥークーはオンダロンを見捨て、タクティカル・ドロイドカラーニにラッシュ王を始末させた。

経歴

「オンダロンは王の統治下。その王が、クローン戦争勃発時に分離主義者を選ばれたのです」
オビ=ワン・ケノービ[出典]

クローン戦争中、サンジェイ・ラッシュはドゥークー伯爵率いる独立星系連合を支持していた。オンダロンであるラムシス・デンダップは戦争への不参加を表明していたが、ラッシュは彼を退位させて王座を奪い、分離主義勢力ドロイド軍をオンダロンへ招き入れた。彼はイジズユニファー寺院にデンダップを幽閉し、外部との接触を一切禁止した。

しかし、ラッシュの統治に不満を持つ者たちによってオンダロン反乱軍が形成され、惑星は内戦状態に突入する。反乱軍の兵士はジェダイ最高評議会に助けを求め、ジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーパダワンアソーカ・タノクローン・キャプテンレックスらが密かにオンダロンへ派遣された。ジェダイは反乱運動を全面的に支援する代わりに、反乱軍の兵士たちにバトル・ドロイドタンクを効率的に破壊するすべを伝授した。ラッシュはプローブ・ドロイドの報告で反乱分子の拠点を突き止め、バトル・ドロイド隊を差し向けたが、兵士たちはジェダイから教わった知恵を駆使して先遣隊を撃退する。その後、戦場は壁に覆われた首都イジズの内部へ移った。

オンダロン反乱軍はバトル・ドロイドのパトロール部隊を相手に小規模なテロ行為を繰り返し、都市電力供給施設を破壊した。ラッシュはドゥークー伯爵に連絡を取り、バトル・ドロイドが何の役にも立たないことに不満を述べた。伯爵はラッシュの態度に不快感を示したが、王の補佐役としてスーパー・タクティカル・ドロイドカラーニ将軍をイジズへ寄こす。その後、ラッシュとカラーニはオンダロン近衛兵を率いるタンディン将軍から反乱軍に関する詳細な情報を受け取った。タンディンは反乱軍の中心人物がスティーラソウ・ゲレラ、そして故ミーナ・ボンテリ元老院議員の息子ラックスであることを突き止めていた。タンディンとカラーニは反乱軍への対処法を巡って口論になったが、ラッシュは2人を制止し、敵を思いとどまらせるためデンダップを公開処刑すると宣言した。

その夜、ソウ・ゲレラがデンダップを救出するため寺院に忍び込み、警備隊に捕えられた。ゲレラもデンダップと共に処刑されることになったが、この一連の事件をきっかけに、タンディン将軍の忠誠心は揺らぎ始めた。翌日、ラッシュが寺院前のヨーラン広場でデンダップを処刑しようとした時、スティーラ・ゲレラ率いる反乱軍が姿を現した。彼女たちの企みは失敗したかに見えたが、タンディン率いる近衛兵やアソーカ・タノがデンダップの奪還に力を貸した。ラッシュはドロイドに追撃を命じたが、反乱軍の姿を見て奮い立った民衆によって行く手を阻まれる。

King Rash Tipping Points Execution

ラッシュの最期

オンダロン反乱軍は自由の身となったデンダップを旗頭に、かつてない規模へと成長した。彼らは民間人の犠牲を最小限に留めるため、イジズ郊外の山岳地帯で最後の戦いに臨んだ。分離主義者の支配崩壊という最悪の事態を回避すべく、ラッシュとカラーニは地上部隊の大軍と新型HMPドロイド・ガンシップ敵本部へと派遣する。反乱軍はシールドを搭載したドロイド・ガンシップに苦しめられたが、スカイウォーカーの依頼を受けた海賊ホンドー・オナカーがアソーカ・タノのもとへミサイル・ランチャーを届け、戦況は逆転する。彼らは指導者スティーラを失ったが、ガンシップを全て撃墜してドロイド軍に勝利した。

ユニファー寺院にて、ラッシュはドゥークー伯爵にさらなる援軍を求めたが、伯爵は敗北続きのオンダロンにこれ以上余計な兵力を割く必要はないと判断した。ドゥークーはカラーニに命じてオンダロンの残存部隊をアガマーへ退却させた。ラッシュは抗議したがカラーニによって射殺され、分離主義勢力によるオンダロンの支配に終止符が打たれた。カラーニの部隊が撤退した後、王位は再びデンダップに戻り、オンダロンは共和国に復帰する。

登場エピソード

参考資料

他言語版