FANDOM


「サモヴァーなわけはないよね。この前行ったときは、北半球が緑に覆われてた。これは砂漠みたいに見える」
「いや、これがサモヴァーだ。その気になったら、帝国は仕事が早い」
ナリ・セーブルハズ・オビット[出典]

サモヴァー(Samovar)はウエスタン・リーチに属す惑星である。ドゥーニウムドロヴァイトの産地だったが、デス・スタープロジェクトの資源集めによって乱開発され、荒廃した。

歴史

帝国時代初期、サモヴァーは“レガシー惑星”に指定されており、環境を害する大規模開発が禁止されていた。しかしサモヴァーの資源に目をつけた銀河帝国は、レガシー指定を解除して大規模な採掘を行うため、密輸業者ハズ・オビットラノス・ヤリを雇ってサモヴァーに旧分離主義勢力の兵器を運ばせた。帝国はサモヴァーが兵器の隠し場所になっていたことを理由に惑星を立ち入り禁止にし、現地の採掘業者を接収した。[1]

その後、帝国は宙域各地から集めた元分離主義者をサモヴァーで酷使し、デス・スタープロジェクト用の資源の乱開発で惑星を荒廃させた。サモヴァーの接収に加担した後、ハズ・オビットはワディ・ラッファでも同様の仕事を遂行したが、ライラ・アーソナリ・セーブルとの出会いをきっかけに帝国から離反した。オビットはレガシー惑星の現状を教えるため、2人をこっそりとサモヴァーやワディ・ラッファへ連れて行った。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版