FANDOM


サブジュゲーター級重クルーザー(Subjugator-class heavy cruiser)はクローン戦争中に独立星系連合が使用した重クルーザーの級種。フリー・ダック志願兵エンジニアリング・コーによって製造された。船体の側面に巨大なイオン・パルス砲を持ち、エネルギー波によって敵の艦船の機能を停止させることができた。グリーヴァス将軍旗艦マレヴォランス>はこの級種。

特徴

船体

分離主義勢力宇宙軍の誇る軍艦、サブジュゲーター級重クルーザーはプロヴィデンス級キャリアー/デストロイヤーレキューザント級軽デストロイヤーとデザイン上の類似点を持ち、全長4,845メートルの船体は銀河共和国ヴェネター級スター・デストロイヤーの5倍近い大きさだった。

攻撃及び防衛システム

Malevolence firing ion pulse

側面のイオン砲

サブジュゲーター級重クルーザーは船体の側面に巨大なイオン・パルス砲を備えていた。イオン砲の主砲は艦の反応炉から動力を得ており、発射されるエネルギー波は電子機器の機能を阻害させる効果を持っていた。サブジュゲーター級艦のエネルギー波は波紋のように拡大し、攻撃を受けた艦船は全ての機能を停止して宇宙空間に漂うだけの存在となった。また、サブジュゲーター級艦の船体には500門のターボレーザー砲が並んでいた。

収容能力

サブジュゲーター級艦は複数のヴァルチャー級ファイターハイエナ級ボマー中隊を収容し、船体側面イオン・アレイの脇にある複数のハンガーから出撃させることが可能だった。各ハンガーには消火活動用のファイアファイター・ドロイドが配備され、ベイ内部での緊急事態に対処した。サブジュゲーター級艦の船内は非常に広く、輸送システムとしてレール・ジェットが使用されていた。レールは何層にもなっており、各ハンガーへと人員や物資を運んだ。レール・ジェットのデザインは大型兵員輸送車に似ていた。

ブリッジ

MalevolenceBridge-RM

ブリッジ

サブジュゲーター級艦のブリッジはターボレーザーに防衛された船体後部のタワーに配置されていた。ブリッジの中央部には艦のコマンダー用の司令プラットホームがあった。艦長ホログラフィック端末を使って内外と通信することができた。ブリッジには操作用ステーションが4つあり、各2体のドロイド・クルーが配置されていた。また、少なくとも6つの円盤型コンピューター・スクリーンがブリッジ内に並んでいた。ブリッジ後方には他の階へ移動するためのターボリフトがふたつあった。

歴史

サブジュゲーター級重クルーザーはフリー・ダック志願兵エンジニアリング・コーによって製造され、独立星系連合クローン戦争に投入した。戦争の初期、サブジュゲーター級艦<マレヴォランス>がグリーヴァス将軍旗艦として使用され、アブレガドの戦い銀河共和国艦隊を壊滅させた。しかし、<マレヴォランス>は間もなくカリーダ星雲の戦いで共和国軍に破壊される。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。