FANDOM


「破壊なら任せて。爆薬を取ってくる」
―サビーヌ・レン[出典]

サビーヌ・レン(Sabine Wren)は惑星マンダロア出身の人間女性で、武器の専門家。レンはクローン戦争中に生まれ、故郷マンダロアにある銀河帝国アカデミーに入学した。彼女はここで武器に関する専門技術を身につけたが、やがて皇帝シーヴ・パルパティーンが支配する国家に反感を抱くようになり、友人ケツー・オンヨと共にアカデミーから脱走した。レンはしばらく賞金稼ぎとして活動したが、オンヨに裏切られて危険な目に遭った後、帝国の圧政に反抗する友人たちの仲間になった。彼女はカラフルな模様が入ったマンダロリアン・アーマーに身を包み、鮮やかな光を放つ爆弾を使用し、帝国のプロパガンダ・ポスターやTIE/ln宇宙特化型スターファイターに反乱のシンボルであるスターバードグラフィティを描き残した。

ヤヴィンの戦いの5前、サビーヌ・レンは宇宙船ゴースト>のクルーとしてヘラ・シンドゥーラ船長ジェダイの生存者ケイナン・ジャラスラサットの戦士ガラゼブ・オレリオスロザルの孤児エズラ・ブリッジャーアストロメク・ドロイドC1-10Pたちと共にアウター・リム・テリトリー反乱活動を繰り広げた。レンにとって、<ゴースト>の仲間たちは故郷で失った家族の代わりのような存在だった。彼女たちの反乱活動は帝国保安局エージェントアレクサンドル・カラスグランドモフウィルハフ・ターキンシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーたちの注意を引き、戦いは激しさを増していった。

経歴

生い立ち

「本当の家族はどうしてるの?」
「帝国に…。あんたの家族は?」
エズラ・ブリッジャーとサビーヌ・レン[出典]

人間女性、サビーヌ・レンは銀河共和国の衰退期に惑星マンダロアに生まれ、ヴィズラ家に属すレン氏族のメンバーとして育った。クローン戦争末期、マンダロアが内戦に見舞われた時、サビーヌ・レンの母アーサ・レン新マンダロリアン政府を転覆させた過激派デス・ウォッチに所属していた。幼い頃からマンダロリアン戦士文化の訓練を受けていたサビーヌ・レンは、家族と共に特徴的な装甲服を作成した。しかし、彼女のナイト・アウル・タイプのヘルメットは、正体を明かすのを拒んだ謎の女性から受け継いだ物だった。

クローン戦争が終結した後、銀河帝国は惑星マンダロアに帝国アカデミーを設置し、レンはその士官候補生になった。当時のレンは帝国支持者で、暴力的なできごとも経験したが、与えられた命令に盲目的に従っていた。アカデミー在学中、彼女はトワイレック・レジスタンスの指導者チャム・シンドゥーラがクローン戦争で使った戦術や、ジャーニーマン・プロテクター(マンダロリアン・プロテクター)の指導者フェン・ラウについて学んだ。レンは次第に政府に対して疑問を抱くようになり、帝国が彼女の家族に行った悪夢のような経験の後、友人の候補生ケツー・オンヨと共に帝国からの離反を決意した。マンダロアから逃げる際、レンはウーキー族から少なからぬ支援を受け、その後もこの種族に対して恩を感じ続けた。姉妹のように仲が良かったレンとオンヨは、賞金稼ぎとしてパートナーを組んだ。生きのびるためにと自分たちのことだけを考えていた2人は、犯罪組織ブラック・サンに加わることを夢見た。しかしオンヨは金のために友人のレンを見捨て、2人は険悪な形で別れることになった。

アカデミーを去って帝国に追われていた頃、ジャナードという名の男が貨物輸送コンテナで帝国軍兵士の行く手を塞ぎ、レンの命を救ってくれたことがあった。

帝国が故郷や家族に対して行った残忍な仕打ちをきっかけに、レンは反乱運動への参加を決意することになった。

ロザルの反乱運動

<ゴースト>の反乱者たち

「あたしは今の仲間に出会って、人生をやり直せた」
―サビーヌ・レン[出典]
Sabine Wren DB

サビーヌ・レン

16才の時、サビーヌ・レンはアウター・リム・テリトリーの惑星ロザルを中心に活動するVCX-100軽貨物船ゴースト>の反乱者グループに加わった。彼女にはトワイレックヘラ・シンドゥーラ船長ジェダイパダワンの生存者ケイナン・ジャラスアストロメク・ドロイドC1-10P(通称チョッパー)、ラサットの戦士ガラゼブ・オレリオス(通称ゼブ)という仲間が出来た。レンにとって反乱者たちは新しい家族のような存在になった。<ゴースト>のクルーは破壊工作任務に必要な物資を手に入れるため帝国の輸送船団への襲撃を繰り返した。レンは反乱任務で「スペクター5」というコードネームを使用した。

ある日、レンは他の仲間が<ゴースト>で逃げる時間を稼ぐため、ロザルにある帝国の飛行場で陽動作戦を行った。彼女は離着陸場に潜り込み、駐機してあるTIE/ln宇宙特化型スターファイターの翼にエアブラシ紫色スターバード落書きした。TK-626を始めとするストームトルーパーたちが侵入者に気付いたが、レンはペイント爆弾を起動して色鮮やかな爆発を起こした。レンはストームトルーパーがペンキまみれになった爆発現場から堂々と立ち去り、付近の住民たちから称賛された。また、彼女はトルーパーたちから「アーティスト」というあだ名を頂戴した。[7][8] レン(あるいは彼女と外見が非常によく似た人物)は帝国飛行場を無茶苦茶にした罪でロザルの最重要指名手配犯になった。

ウーキー救出任務

「きみら何者? コソ泥じゃないのは分かったけど」
「何者でもないわ。仲間よ、チーム。今では私の家族」
エズラ・ブリッジャーとサビーヌ・レン[出典]

反乱者たちの次の任務は、ロザルのキャピタル・シティで帝国の貨物箱を盗むことだった。レン、ジャラス、オレリオスは、ヨガー・リステ補給官のストームトルーパーが貨物の運び込みを行っている首都の広場に赴いた。レンはジャラスの合図に従ってグレネードを投げ、周囲にいたストームトルーパーを吹っ飛ばした。ジャラスとオレリオスはその隙に貨物箱を盗んだが、エズラ・ブリッジャーという名の地元のストリート・キッドが割って入り、貨物と614-AvAスピーダー・バイクを横取りしていった。レンは少年のスピーダー・バイクに飛び乗り、係留された貨物を1箱取り戻した。その後、ジャラスは帝国に追い詰められていたブリッジャーを救い、<ゴースト>のクルーは成り行き上この少年と行動を共にすることになった。[3]

Tarkin town charity

ターキンタウンで人々に食べ物を分け与えるレン、オレリオス、ブリッジャー

ジャラスとシンドゥーラが犯罪王シカトロ・ヴィザーゴと取り引きをする間、レンとオレリオスはブリッジャーを連れてターキンタウンへ向かい、帝国に虐げられた住民に食べ物を分け与えた。<ゴースト>に乗り込んで以来、ブリッジャーはレンに好意を示していたが、彼女はそれに応えなかった。しかし、彼女は自分と同じでこの少年にも暗い過去があることを知った。ヴィザーゴから得た情報に基づき、反乱者たちはウーキーの奴隷を解放するため帝国のゴザンティ級クルーザー輸送船651を襲撃したが、帝国保安局エージェントアレクサンドル・カラスが仕掛けた罠にはまってしまった。<ゴースト>のクルーは急いで逃げ出したが、ブリッジャーは帝国の船に取り残され、カラスに捕えられた。[3]

反乱者たちはブリッジャーを救うためにインペリアルI級スター・デストロイヤーローブリンガー>を襲撃した。脱出時に備え、レンはスター・デストロイヤー格納庫の床にペイント爆弾を仕掛けておいた。ブリッジャーを連れ出した後、レンは爆弾を起動して格納庫に穴を開け、<ゴースト>が発進するチャンスを作った。彼女たちはブリッジャーのおかげでウーキーの奴隷が惑星ケッセルスパイス鉱山に運ばれたことを知った。<ゴースト>のクルーはスパイス鉱山K76で再びカラスの部隊と相まみえたが、ジャラスがライトセーバーを使って戦い、ウーキーを船に運び込む時間を稼いだ。ケッセルから逃げ去った後、反乱者たちはウーキーをオージタック対奴隷商人ガンシップへ届けた。その後、ブリッジャーはジャラスの弟子として反乱者のチームに加わることになった。[3]

ディスラプター奪取

Ezra Sabine T-7 Ion Disruptor

ガレル宇宙港でディスラプター・ライフルを手に入れたサビーヌとエズラ

<ゴースト>の燃料や活動資金を捻出するため、反乱者たちは惑星ガレル宇宙港からT-7イオン・ディスラプター・ライフルを盗み出すことになった。ディスラプター・ライフルの使用は帝国元老院の法律で禁じられていたが、帝国はロザルでこの武器を大量生産しようと企んでいた。シンドゥーラを除く反乱者メンバーはガレル行きのスター・コミューターシャトルST-45便に乗り込み、帝国のマーケス・チュア大臣からディスラプターの保管場所を聞き出そうとした。ジャラスはチュアのドロイドR2-D2C-3POが客席近くにいることにクレームを入れ、船体の後方に下がらせた。レンは帝国アカデミーの生徒を名乗り、アクアリッシュの武器商人アムダ・ワボとの通訳係がいなくなって困っているチュアに助け舟を出した。彼女はワボからディスラプターの保管場所を聞き出し、チュアには間違った倉庫番号を教えた。ガレル・シティに到着した後、反乱者たちはシンドゥーラと合流し、<ゴースト>に武器を積み込んだ。嘘に気付いたチュアの部隊が妨害を試みたが、反乱者たちは盗みを成功させた。[9]

ガレルから逃げる時、R2-D2とC-3POが混乱に紛れて<ゴースト>に乗り込んだ。反乱者たちは知らなかったが、2体のドロイドの真の所有者はオルデランベイル・オーガナ元老院議員だった。反乱ネットワークの指導者だったオーガナ議員は、帝国がディスラプターを手に入れようとしていることを知り、R2-D2とC-3POをチュアのもとに送りこんで計画を妨害しようとしていたのである。ロザルに戻った反乱者たちは、ヴィザーゴとの取り引きを開始した。しかし、カラス率いるAT-DPウォーカー2機がヴィザーゴのキャンプを攻撃したため、デヴァロニアンの犯罪王は交渉を中止して逃げ去ってしまった。ジャラスはディスラプターでAT-DPを1機破壊し、レンとR2-D2はディスラプターの積み荷を爆弾代わりにして残りの1機を爆破した。戦いが終わった後、反乱者たちは2体のドロイドをオーガナ議員(彼は身分を明かさなかった)に届け、報酬を受け取った。[9]

Sabine prank graffiti

サビーヌ・レンがブリッジャーとオレリオスの部屋に書いた落書き

ある日、チョッパーのいたずらが原因でブリッジャーとオレリオスが喧嘩になった。その光景を見て“ピンときた”レンは、ブリッジャーとオレリオスがシンドゥーラの命令でメイルーランフルーツのお使いに出た後、2人の部屋に落書きをした。仲直りして戻ってきた2人は、レンの落書きを目にして、今度はチョッパーと喧嘩を始めた。[10]

スティジョンの罠

サビーヌ: 「彼の計画って、結局いつも難しくなる」
ゼブ: 「もう変わんねえよう願うわ」
ケイナン: 「全部聞こえてるぞ」
サビーヌ、ゼブ: 「分かってる」
スパイア刑務所潜入中の反乱者たち[出典]

亡命中のガル・トレイヴィス議員がホロネット・ニュースの海賊放送でジェダイ・マスタールミナーラ・アンドゥリの生存を報じた際、反乱者たちはアンドゥリをスティジョン星系スパイア刑務所から救い出そうと決意した。レンはスパイアの見取り図を仲間たちに見せ、この刑務所がいかに厳重に要塞化されているかを説明した。ジャラスの立てた作戦に従い、反乱者たちは<ゴースト>の補助スターファイターファントム>に乗ってスティジョン・プライムに降下し、着陸プラットフォームに配置されていたストームトルーパーを制圧した。レンたちはシンドゥーラを<ファントム>に残してスパイア内部に潜入した。[11]

Rebels Fight into Spire

スパイアへの潜入

レンは刑務所内の端末からコンピューターにアクセスし、アンドゥリの独房が事前の情報とは別の階にあることを突き止めた。ジャラスは脱出時に備えてレンとオレリオスをターボリフトに配置し、ブリッジャーと2人で独房を目指した。2人が戻るのを待つ間、レンは通信が妨害されていることに気付き、ジェダイ・マスター生存の情報は帝国の罠だったのだと判断した。増援部隊の到着を遅らせるためターボリフトを破壊した後、レンとオレリオスは新しい脱出ルートを探し始めた。施設の中を逃げ回っている時、彼女たちは大尋問官に追われているジャラスとブリッジャーに出くわした。反乱者たちはブラスト・ドアが閉鎖する直前に通路を走り抜け、格納庫にたどり着いた。レンから通信を受けたシンドゥーラは、スティジョンの固有生物ティビディーの群れを率いてプラットフォームに駆け付け、仲間たちを回収した。[11] <ゴースト>のクルーがロザルに戻った後、帝国は収監中のアンドゥリが過激な反乱者に殺されたという嘘のニュースを報じた。[12]

その後、<ゴースト>のクルーは帝国が運搬中の巨大カイバー・クリスタル破壊作戦を開始した。クリスタルを運ぶ輸送船団の位置を突き止めるには、帝国のデコーダーを手に入れる必要があり、ブリッジャーが士官候補生に扮してロザルの帝国青少年アカデミーに潜入することになった。ジャラスとシンドゥーラは<ゴースト>船内で連絡を待ち、レン、オレリオス、チョッパーはアカデミー周辺でブリッジャーの活動を手助けした。ブリッジャーは仲間のザーレ・レオニス候補生と協力してデコーダーを入手し、チョッパーを通じてレンのもとへ届けた。<ゴースト>に輸送船団の座標を送った後[13]、レンはデコーダーをレオニスの友人メレイ・スパンジャフに返した。アカデミー在学中に消息不明になったレオニスの姉ダーラの手掛かりを掴むため、スパンジャフはデコーダーを使って帝国のネットワークをハッキングするつもりだった。[14] ブリッジャーはアカデミーでの本来の目的を達成したが、フォース感応者ジャイ・ケル候補生を大尋問官から救うため、もうしばらく潜入を続けることになった。レン、オレリオス、チョッパーはブリッジャーとケルの脱出を手助けし、ランドスピーダーでアカデミーから逃げ去った。[13]

フォート・アナクセス

「約束する、決して孤独じゃないわ。仲間がいるの。わたしを信じられる?」
「信じてみようと思うわ」
―ヘラ・シンドゥーラとサビーヌ・レン[出典]
Out of Darkness

サビーヌは“フルクラム”の秘密を明かさないヘラに反発した

レンとブリッジャーはシンドゥーラが操縦する<ファントム>に乗り込み、帝国の輸送船団襲撃作戦に参加した。襲撃を追えてTIEファイターから逃げている時、レンは作戦の危険性を巡ってシンドゥーラと口論になった。レンはシンドゥーラの情報源である連絡員“フルクラム”の正体を知りたがり、シンドゥーラが仲間に隠し事をしていることに不満を漏らした。<ゴースト>に戻った後、彼女はジャラスにも不安を打ち明けたが、彼は仲間が信頼する情報源ならば、自分も無条件で信頼すると主張した。ジャラスやシンドゥーラの説明に納得がいかないレンは、“フルクラム”からの支援物資を一緒に受け取るため、アナクセス小惑星帯フォート・アナクセス基地へ同行させて欲しいと頼み込んだ。[5]

レンとシンドゥーラの乗る<ファントム>が小惑星PM-1203に到着した時、フルクラムは既にフォート・アナクセスから立ち去っていた。支援物資を船内に運び込みながら、レンはシンドゥーラを怒らせたことを謝り、自分を信じて隠し事などしないで欲しいと頼んだ。しかし、シンドゥーラは帝国に捕まった時に備えて知らないでいた方が良いこともあるのだと答えた。2人の口論は、フォート・アナクセスに棲みついている猛獣フィアノックの襲撃で中断された。彼女たちは<ファントム>で逃げようとしたが、ブリッジャー、オレリオス、チョッパーの点検がいい加減だったため燃料が漏れだしており、助けが来るまでの間フィアノックと戦わなければならなくなった。[5]

レンとシンドゥーラは、日光を恐れるフィアノックの習性と、基地に残されていたライドニウム燃料を活用し、猛獣の襲撃を食い止める作戦を立てた。彼女たちは<ファントム>の周囲に配置したライドニウムをブラスター・ピストルで爆発させ、迫りくるフィアノックを多数撃退した。ライドニウムが尽きて<ファントム>機上に追い詰められた時、<ゴースト>の仲間たちが駆け付けて2人の窮地を救った。PM-1203から離れた後、レンはシンドゥーラと和解し、これからは彼女のことを信じるように努めると約束した。[5]

奴隷商人との戦い

帝国の補給場を襲撃した後、反乱者たちは<ゴースト>の修理部品を手に入れるためレガニ宙域オシシス・ステーションを訪れた。反乱者たちはステーションの所有者であるベサリスクガルス・ヴェズと長い付き合いだったが、ヴェズは帝国のパトロールを恐れ、ビジネスを打ち切りたいと考えていた。ヴェズは修理部品と<ゴースト>を賭けた“フールズ・ラン”・レースをシンドゥーラに申し込んだ。ヴェズはレースに負けたが、約束を破って反乱者たちを帝国に突きだそうとした。裏切りを予期していたジャラスは、レンとオレリオスをステーションの格納庫に送りこみ、貨物船を1隻爆発させた。反乱者たちは驚いたヴェズと手下たちを制圧し、無事に修理部品を手に入れることができた。レンがステーションの外壁にスターバードの落書きをした後、反乱者たちはヴェズのもとを去った。[15]

オレリオスとジャラスが<ファントム>に乗って帝国通信センターの破壊作戦に出発した後、<ゴースト>は帝国軍の攻撃を受け、イオン・ストームの中へ突っ込むことになった。レンは砲台を操作してTIEファイターを2機撃墜したが、<ゴースト>のシステムはイオン・ストームのせいでダウンしてしまう。レンが照準システムを修理した後、ブリッジャーはフォースを使って残りの機器を直し終えた。レンはまだイオン・ストームから立ち直っていない帝国軍のゴザンティ級クルーザーを破壊し、<ゴースト>も無事に嵐を抜けることができた。[16]

Sabine duels MaDall

惑星オーンにて、ザイゲリアンの奴隷商人マダールと戦うサビーヌ・レン

ロザル帝国アカデミーの新入学生リストを盗む作戦を遂行していた時、レンは惑星オーンで行われている奴隷取り引きの噂を耳にし、他の仲間たちにグラフィティの書き置きを残した後、独りで真相の調査に向かった。彼女はほとんど抵抗することなく自ら奴隷商人に捕えられたが、強い反抗心を気に入られ、奴隷帝国の女指導者マダールの個人的な召し使いに選ばれた。レンはザイゲリアンの奴隷商人によって首にショック・カラーを取りつけられた。その夜、マダールが眠った後、レンは他の奴隷たちが働かされている現場を偵察したが、奴隷商人に見つかってマダールのもとへ連れ戻されてしまった。次の朝、レンはマダールが目を覚ますまでの間に彼女の肖像画を描き上げ、主人を喜ばせた。その頃、昨晩のレンの行動に触発された奴隷たちは、ショック・カラーを破壊して奴隷商人たちに刃向った。レンも自分の拘束装置を解除し、エレクトロ=ウィップを使ってマダールとの対決に臨んだ。レンが奴隷商人を破った後、彼女の書き置きを見た<ゴースト>のクルーがオーンに到着した。レンから事の顛末を知らされたジャラスとシンドゥーラは、解放された奴隷たちをオーンから運び出す役目を引き受けた。レンはマダールを許し、生きる目的を失ってしまったと嘆く彼女に、帝国との戦いに参加してみてはどうかと提案した。[17]

帝国の日

「お誕生日おめでとう、エズラ・ブリッジャー」
―サビーヌ・レン[出典]

15回目の帝国の日、<ゴースト>のクルーはジョザルの町にあるオールド・ジョーズ・ピット・ストップを訪れ、シーボという名のローディアンを捜索しているTIEファイター・パイロットたちと遭遇した。レンたちは知らなかったが、この日はブリッジャーの誕生日で、シーボは彼の両親の友達だった。行方不明の両親のことで思い悩むブリッジャーをよそに、反乱者たちはキャピタル・シティで行われる帝国の日の祝賀パレードで妨害活動を開始した。レンとオレリオスは派手な花火を打ち上げて人々の注意を逸らし、ジャラスはその隙に初披露されたばかりの新型TIEアドバンストv1戦闘機を爆破した。反乱者たちは追っ手をかわすためブリッジャーの旧家に逃げ込んだが、そこで同じく潜伏中のシーボと遭遇した。[18]

Empire Day episode

シーボを連れて逃げるレン、ブリッジャー

シーボは帝国情報センターの局員だったが、帝国の重要機密を詰め込んだAJ^6装置を身に着けたまま姿を消したため、当局に追われていた。シーボは頭部に移植した装置のせいで意識がはっきりしなかったが、反乱者たちは彼の言葉から、帝国の日がブリッジャーの誕生日であることや、彼の両親が謎の失踪を遂げたことを知った。彼女たちはシーボをロザルから連れ出すことに決め、帝国軍兵員輸送機をジャックしてキャピタル・シティを離れた。反乱者たちはエージェント・カラスの追跡をかわして<ゴースト>に乗り移り、TIEファイターの追っ手と戦った。その時、宇宙船の衝撃で一時的に正気を取り戻したシーボは、ブリッジャーの両親であるミラエフライムが失踪したのは、帝国当局に連行されたからだと明かした。[18]

ブリッジャーは両親の連行を黙って見ていたシーボを責めたが、レンは彼を擁護し、夫妻の手掛かりをつかむため帝国情報センターに潜入した勇気を称えた。<ゴースト>がハイパースペースに突入した後、<ファントム>の機体にXX-23 Sスレッド追跡装置が取りつけられていることが判明し、ジャラスとブリッジャーが2人で大尋問官を迎え撃つことになった。<ファントム>を切り離した後、レンたちの乗る<ゴースト>はフルクラムのコルベットと合流し、シーボを引き渡した。一方、フォート・アナクセスで大尋問官と戦ったブリッジャーは、シーボと両親に関する悩みに決着をつけた。彼らが無事に戻ってきた後、レンはブリッジャーに幼い頃の彼と両親が一緒に写っているホロディスク(ブリッジャーの家で回収したもの)をプレゼントし、誕生日を祝った。[19]

ある日、ブリッジャーはレンをTIEファイターの隠し場所へ連れて行った。ブリッジャーはジャラスやシンドゥーラの言いつけを破り、帝国から盗んだTIEを密かに保管していたのである。レンはこのTIEに奇抜なペイントを施した。[8] ブリッジャーはレンと一緒にいたせいでジェダイの修行に遅れ、ジャラスに叱られた。しかし、彼はその日ジェダイ寺院の試練に合格し、ライトセーバーの作成に必要なカイバー・クリスタルを入手する。ブリッジャーはレンからもらった変調回路やエネルギー・ゲートを使って自分のライトセーバーを作り上げ、<ゴースト>のクルーの前で起動して見せた。[20]

ギャンブラー

「サビーヌ、この絵は君の作品だね? ビスのジャノイアが描く反体制絵画を思い起こす」
「分かるの? ジャノイアに触発されて描いたのよ」
「ああ。でも、飾り気のなさで君の方がよりインパクトがある」
ランド・カルリジアンとサビーヌ・レン[出典]
Lando likes Art

サビーヌのアートを称賛するランド・カルリジアン

オレリオスがランド・カルリジアンとのサバックの賭けに負け、チョッパーの所有権を失った後、<ゴースト>のクルーは止むを得ずこのギャンブラー密輸の仕事を手伝うことになった。ロザルで違法な採掘事業を始めたカルリジアンは、帝国な厳重なパトロールを突破して採掘道具を手に入れることができたら、チョッパーを反乱者たちに返すと約束した。シンドゥーラはチョッパーを賭けに出したオレリオスやジャラスに激怒しながらも、仕方なく密輸の取り引き場所へ出発した。ハイパースペース航行中、カルリジアンは船内の壁に描かれたレンのアートを称賛し、ビスジャノイアの反体制絵画のようだとコメントした。ジャノイアに影響を受けていたレンは彼の言葉に喜び、他のアートも見て欲しいと頼んだ。レンに好意を寄せていたブリッジャーは、彼女に馴れ馴れしく語りかけるカルリジアンに腹を立てた。[21]

<ゴースト>がC-ROCゴザンティ級クルーザーマーチャント・ワン>とドッキングした後、カルリジアンは犯罪王アズモリガンからパファー・ピッグを受け取るため、シンドゥーラを奴隷として差し出した。彼の計画通り、シンドゥーラは脱出ポッドに乗って戻ってきたが、ブリッジャーとオレリオスがパファー・ピッグをカゴから出したため<ゴースト>船内はトラブルになった。なんとか軌道の帝国軍艦隊を突破した後、<ゴースト>はカルリジアンをロザルの農場へ届けたが、そこでアズモリガン一味に待ち伏せされた。反乱者たちは先ほどの取り引きに腹を立てている犯罪王を撃退し、カルリジアンに貸しを作って農場から立ち去った。その際、チョッパーは混乱に乗じてカルリジアンから燃料を1箱くすねていた。[21]

ある日、反乱者たちはターキンタウンで支援物資を配ったが、エージェント・カラスによって一部の食料に毒が盛られていた。オレリオスと親しいミンディズという名の少女を含め、毒入りの食べ物を食べてしまった数名の住民が具合を悪くした。反乱者たちはキャピタル・シティで医薬品を手に入れる計画を立てたが、オレリオスは<ファントム>に乗って独りで出発してしまった。レンと他のメンバーは遅れて医療施設に駆け付け、カラスとの戦いでピンチに陥っていたオレリオスを助けた。<ゴースト>のクルーは手に入れた解毒剤をターキンタウンに持ち帰り、病に苦しむミンディズたちを救った。[22]

トレイヴィスの罠

「あたしたちに味方はいないの?」
―サビーヌ・レン[出典]
Rebels at Lothal Senate Building

トレイヴィスとの待ち合わせ場所を偵察する反乱者たち

レン、オレリオス、チョッパーのブラスター弾をライトセーバーで偏向する訓練をしていた時、ブリッジャーはフォースのヴィジョンを経験し、亡命中のガル・トレイヴィス議員との出会いを予見した。その直後、トレイヴィスがホロネット放送に登場し、暗号を使って<ゴースト>のクルーとの対面を求めた。トレイヴィスは旧共和国元老院ビルを会合場所に指定したが、反乱者たちは帝国がビル周辺の警備を強化していることに気付いた。反乱者たちは帝国の罠を疑ったが、トレイヴィスを敵から救うためリスクを冒した。下水道を通って建物の中に入った後、レンとオレリオスは念を入れて他のメンバーと別行動をとった。[23]

トレイヴィスと対面した直後、<ゴースト>のクルーはエージェント・カラス率いるストームトルーパー部隊に待ち伏せされた。天井の桟の上に隠れていたレンとオレリオスはスモーク爆弾で敵を撹乱し、他の仲間がトレイヴィスを連れて脱出するチャンスを作った。レンはヘルメットのセンサーを駆使して煙幕の中でトルーパーを撃ち、仲間が建物から出た後、サーマル・デトネーターを起動して逃げ去った。反乱者たちはトレイヴィスを連れて再び下水道に逃げ込み、追っ手を欺くため二手に分かれた。シンドゥーラ、ブリッジャーと一緒になったトレイヴィスは、帝国のために働くスパイであることを明かし、反乱者たちを殺そうとした。レンたちが合流した時、裏切り者の議員はシンドゥーラにノックアウトされていた。ジャラスが下水道内の巨大フィンをフォースで一時的に停止させた後、反乱者たちはカラスの部隊から逃げ切った。[23]

ある日、反乱者たちの懸賞金を狙う変身種族クローダイト賞金稼ぎが<ゴースト>に潜入した。チョッパーが攻撃を受けた後、レンは賞金稼ぎに倒され、船内の一室に監禁されてしまった。賞金稼ぎはレンの姿に化けたが、反乱者たちが本物のレンを見つけたため本性を明かし、銃撃戦を始めた。賞金稼ぎはオレリオスに変身したが、ブリッジャーに正体を見破られてスタン・ビームに倒れ、船外に捨てられた。[24]

その後、レンとチョッパーは武器庫を破壊するためロザルの帝国青少年アカデミーに潜入した。彼女たちはアカデミーの保安システムをハッキングしてアクセス・コードを入手し、メイン・ドアを通過したが、チョッパーのミスが原因で警報装置が作動してしまった。レンとチョッパーはターボリフトで逃げると見せかけてリフトのハッチ内を移動し、主要武器エリアに到着した。爆弾を設置している途中、レンとチョッパーは帝国軍将校ドゥナムに追い詰められてしまう。しかし、ドゥナムは味方のプローブ・ドロイドの攻撃で気絶し、レンとチョッパーは事情を呑み込めないまま逃げることになった(彼女たちは知らなかったが、カンバーレイン・アレスコ司令官マイルズ・グリント管理官がドゥナムの失脚を企て、反乱者をわざとアカデミーに潜入させていたのである)。建物の外へ出たレンとチョッパーはオレリオスのランドスピーダーで逃げ去り、爆弾を起動して武器庫を破壊した。[25]

ターキンの到着

「ケイナンを探すつもりか? ヘラの命令に逆らうのか?」
「命令なんて受けてない。意見は聞いたけど」
―ガラゼブ・オレリオスとサビーヌ・レン[出典]

レンはブリッジャーやジャラスと共にジャラース近郊での襲撃作戦に参加し、アレスコ司令官の追跡部隊を返り討ちにした。彼女たちが<ゴースト>に戻った後、トレイヴィス議員がホロネット・ニュースに登場し、帝国への復帰を宣言するとともに、反乱者たちの活動を非難した。<ゴースト>のクルーは、人びとに自分たちの真の姿を伝えるため、帝国の帝国通信センターをハッキングする計画を立てた。一方、帝国はロザルの反乱を鎮圧するため、アウター・リムの統治者であるグランドモフウィルハフ・ターキンを現地に派遣していた。ターキンが放ったヴァイパー・プローブ・ドロイドは、帝国通信センターの偵察を終えて立ち去る反乱者たちの姿を捉えた。作戦決行の夜、レンは通信センターに正面から突撃し、爆弾を積んだアンディキュア級ジャンプスピーダーを防衛砲台と衝突させた。警備兵を制圧した後、レンとチョッパーは通信センターのハッキングを開始した。[26]

反乱者たちが潜入して1分も経たないうちに、ターキンの部隊が帝国通信センターを包囲した。チョッパーは何とかハッキングを完了したが、帝国から逃げるには作戦を変更する必要があり、反乱者たちはエレベーターに乗ってタワーの最上部へ向かった。レンたちはシンドゥーラの<ファントム>に乗り込んだが、ジャラスは時間を稼ぐため大尋問官と対決し、帝国に捕えられてしまった。止むを得ずジャラスを置いて逃げ去った反乱者たちは、通信センターのシステムを使って近隣の領域に反乱運動への参加を促すメッセージを送信した。[26] 翌日、反乱者たちはジャラスの監禁場所を突き止めるためAT-DPウォーカーを乗っ取ったが、帝国のデータ・ネットワークはダウンしており、情報にアクセスすることができなかった。[27]

Lothal rebels TIE

サビーヌがリペイントしたTIEファイター

<ゴースト>に戻った後、“フルクラム”と連絡を取ったシンドゥーラは、ジャラスの救出は諦めて次の任務に集中するよう命じられた。シンドゥーラは不本意ながら指示に従ったが、他の反乱者たちは彼女に秘密でジャラスの捜索を続けた。レンたちは犯罪王ヴィザーゴと取り引きし、帝国が情報運搬用にクーリエ・ドロイドを利用していることを知った。シンドゥーラは仲間の独断行動を知って激怒したが、最後にはブリッジャーの説得に折れ、捜索に協力することになった。反乱者たちはクーリエ・ドロイドの264を誘拐し、代わりに変装したチョッパーを帝国通信船に送りこんだ。ミッションは成功に終わり、反乱者たちはジャラスが監禁されているインペリアル級スター・デストロイヤーソヴリン>がムスタファー星系に移動したことを知った。[27]

反乱者たちはロザルの飛行場を襲撃し、輸送船63378を奪取した。反乱者たちはかつてブリッジャーとオレリオスが盗んだ(そしてレンが奇抜なペイントを施した)TIEファイターに電磁パルス爆弾を積み込み、ムスタファー上空の<ソヴリン>に帰艦させた。電磁パルスがスター・デストロイヤーの機能を一時的に停止させた後、レンたちはチョッパーを輸送船に残して艦内へ潜入した。待機中、チョッパーは敵の援軍が続々と到着しているのに気付き、フルクラムに助けを求めに向かった。レン、シンドゥーラ、オレリオスが艦内でトルーパーと戦う間、ブリッジャーはジャラスの救出に成功した。ジャラスが大尋問官を倒した後、反乱者たちはTIEファイターに乗って<ソヴリン>から脱出したが、大量のTIEに追撃された。しかしチョッパーが呼んだ反乱軍艦隊がムスタファー星系に駆け付け、反乱者たちの窮地を救った。[8]

無事に星系から脱出した後、シンドゥーラ以外の反乱者たちは、反乱分子を取りまとめる巨大ネットワークの存在を初めて知らされた。彼女たちは反乱軍の支援者であるオーガナ議員を紹介され、フルクラムの正体が元ジェダイのアソーカ・タノであることを知った。[8]

反乱運動の拡大

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

個性と特徴

「追い詰められたらどうするか知ってる?」
「ああ。全部吹き飛ばす」
―サビーヌ・レンとガラゼブ・オレリオス[出典]
SabineWren

サビーヌ・レン

サビーヌ・レンは芸術の才能と自由な精神を備えた反乱者だった。彼女の行動原理は芸術の表現意欲であり、基本的に他人の指示に従うことを嫌っていた。普段の彼女は皮肉や辛辣なユーモアを好んだが、任務に私情を差し挟むことはほとんどなく、手元の仕事に集中した(しかし、彼女は任務の最中にもアーティストの精神を忘れなかった)。帝国の施設を攻撃するたび、レンはエアブラシを使って反乱運動のシンボルを落書きした。

アーティストであるサビーヌ・レンにとって、爆弾は画材、銀河系はキャンバスだった。彼女は自分の髪の毛、装甲服、<ゴースト>船内の壁を表現力豊かな色と絵で彩り、自由を表現するために帝国軍の装備、装甲服、乗り物をリペイントすることを好んだ。レンは「習うより慣れよ」の精神でアートに取り組み、インスピレーションを感じたら時間や場所を気にすることなく身近な物に絵を描きつけた。また、彼女は休息時間に<ゴースト>船内で芸術活動に取り組んでいた。彼女の作品はビスの芸術家ジャノイアから大きな影響を受けていた。また、彼女は芸術に理解がある相手との会話を楽しんだ。

サビーヌ・レンはマンダロリアンの伝統のもとで訓練を受けたが、時には戦士団の伝統と芸術的感性が対立することもあった。彼女は色鮮やかにペイントした装甲服に誇りを持ち、自分の第2の肌とすら思っていたため、寝る時に脱ぐのを忘れることもあった。銀河系を帝国から解放したいという願いを込め、レンは装甲服の胸当てに伝説上の生物スターバードをペイントしていた。この紋章は彼女のトレードマークでもあった。

Sabine Starbird

サビーヌが好んだスターバードのシンボル

彼女は自分の戦闘技術に自信を持っており、複数の敵との戦いにも躊躇せず飛びこんだ。しかし、彼女は帝国アカデミー生だった頃の経験から、本当に帝国を倒せるのかと思い悩むこともあった。候補生時代、彼女は帝国を盲目的に信じ込み、疑問を抱くことなく命令に従っていたが、悪夢のような経験をきっかけに帝国の本性に気付き、その後は無条件の服従を本能的に嫌うようになった。彼女は秘密主義を嫌悪し、そのせいで仲間に反発したり、子どもっぽい行動をとることもあった。アカデミーで訓練を受けていた頃、水中任務で苦い経験をして以来、彼女は水を嫌っていた。

何事にも臨機応変に対処できるレンを高く評価していたケイナン・ジャラスとヘラ・シンドゥーラは、作戦を考え直す必要が生じた際に、彼女の知識や技術を頼った。レンは<ゴースト>のクルーを家族のように思っていたが、独りで部屋に籠ることが多く、食事や戦闘訓練も独りでするのを好んでいた。

しかし義理がたい一面もあり、スローンの罠にはまり、サトーはじめ半数以上の兵士や艦船を失ったエズラが助けを求めてクローネストを訪れた際には母親の反対を押し切ってアトロンへ赴き、インターディクターを破壊することで反乱者たちの退路を確保する。

技術と能力

サビーヌ・レンは自由な精神を備えた芸術家としての一面が強かったが、幼い頃から訓練を受けたマンダロリアン戦士でもあり、戦闘技術に加え、多種多様な兵器に関する広範囲な知識と経験を備えていた。レンはアクロバティックな格闘と破壊工作に長け、かつてマンダロア帝国アカデミーの候補生だったため、帝国軍の内情にも詳しかった。反乱分子を率いるヘラ・シンドゥーラとケイナン・ジャラスは彼女の技術を高く買い、仲間として信頼していた。彼女は<ゴースト>のクルーの武器専門家で、ライトセーバーを除くあらゆる兵器の整備・調整を担当し、自分とチーム用の爆弾を作成した。シーズン3ではダソミアで回収したダークセーバーを使いこなせるようになるためにエズラとケイナンにより訓練され、ガー・サクソンと壮絶な一騎討ちを繰り広げ、勝利している。

Sabinewithguns

2丁ブラスターを構えるサビーヌ・レン

破壊の専門家だったサビーヌ・レンは、どんなものでも効果的かつ芸術的に爆破することができた。爆弾を組み立てるのに必要な知識はもちろん、彼女は爆弾に使う化学物質にも詳しく、どの燃料や爆薬を組み合わせれば満足のいく爆発が起きるか把握していた。電子工学や軍用品エンジニアの訓練も受けていたレンは、2丁のウェスター35ブラスター・ピストルを正確に調整する技術を持ち、パワー効率やその他の機能を向上させていた。パイロットとしても有能だったレンは、補助スターファイターファントム>、ゴザンティ級クルーザーハンマーヘッド・コルベット帝国軍兵員輸送機などを(主に非戦闘時に)操縦することができた。普段彼女は<ゴースト>の銃座を担当し、アイバー封鎖戦ではシンドゥーラの操縦するプロトタイプB6砲手を務めた。

シーボのサイボーグ装置にアクセスした際、レンはスライサー技術を駆使し、コンピューターとリンクしたガントレット(手甲)で帝国の暗号を破った。また、帝国の帝国通信センターに侵入した際には、チョッパーをアシストしてデータ・スパイクによるハッキングを試みた。レンは整備士として<ゴースト>や<ファントム>を修理することがあった。

サビーン・レンは複数の言語を流暢に話すことができ、新しい言語の習得も早かった。帝国アカデミーに通っていた頃、スパイ訓練の授業に出席したレンは、クラスで最初に言語の単位を手に入れた。レンはベーシックマンドア語ハット語ローディーズ語アクアリッシュ語バイナリーを話し、シリウーク語を理解した。

装備

SabineWren-Fathead

マンダロリアン・アーマーを装着したサビーヌ・レン

サビーヌ・レンは故郷を離れた後に改造を施したマンダロリアン・アーマー(装甲服)を着用していた。彼女の装甲服の改造方法は、デス・ウォッチの文化に束縛されていなかった。彼女は装甲服を接着できる絶縁ボディ・グローブを身に着け、機動性を重視してほとんどの装甲プレートを取り払い、襟元、足首、胸、ひざ、肘、肩にだけ防具をつけていた。謎の女性から受け継いだナイト・アウル・タイプのヘルメットにだけは改造が施されていなかった(ただし内部のコムリンクは改良されていた)。ヘルメットは伝統的な照準ファインダーやマクロバイノキュラー・ビュープレートを搭載し、レンがめったに使わない各種制御用インターフェースを内蔵していた。また、彼女はヘルメットのホロ=イメージャーを自分の芸術作品の記録に使っていた。彼女の両手のガントレット(手甲)はコンピューターと接続していた。レンはデス・ウォッチが好んで使用した装備(装甲服に仕込んだ武器やジェットパック等)をほとんど使わなかった。

レンは謎の女性から受け継いだヘルメットの色彩に合わせ、装甲服に個性的なペイントを施していた。エズラ・ブリッジャーが<ゴースト>のクルーに加わった頃、レンの装甲服はピンク色を基調にしていたが、ロザル包囲戦やシーロスの戦いが発生した頃には、オレンジを多用したカラーリングに変更されていた。左肩のアヌーバの絵、右肩のデジャリック・テーブル調の白黒模様、胸当てのスターバードの紋章は、デザイン変更以前からずっと変わらず残されていた。レンの服や装甲服は、彼女の直近の芸術プロジェクトの影響を受けて頻繁にペイントを施された。

戦闘中、レンはヘルメットの照準システムとリンクした2丁のウェスター35ブラスター・ピストルを使用した。彼女のヘルメットは残弾数の減少を警告し、ヘルメットを使わなかったとしても、ブラスターのグリップが弾切れ警告用に振動した。彼女は腰の左右に下げたナーフホルスターにブラスターを収めた。アーマーと同様、ブラスターにもペイントが施されていたが、塗料が機械に干渉しないよう、銃身が密閉されていた。彼女はホルスター以外に予備のコムリンクをベルトに取りつけていた。

サビーヌ・レンが芸術活動に使用したエアブラシは塗料の霧を散布し、塗幅や色、強さの度合いを簡単に変更することができた。また、彼女のお気に入りのステンシル(型板)を取り付けることで、任務中でもすばやくペイントを完成させることができた。彼女は他にも消火器を改造した大型のペンキ噴霧器を所有し、屋外の広いエリアでだけ使用した。彼女が最も好んだペイントツールは爆弾だった。彼女は起動時に塗料をまき散らす爆弾を個人的に作成し、ベルトや肩掛け鞄、ポケットなどに起爆装置を携帯していた。また、彼女はサーマル・デトネーターや爆薬テープを愛用した。アート作成時、レンはカラー・スティックやステンシルを使用し、ペンキを噴霧する際には呼吸マスクを着用した。また、彼女はサーマル・デトネーターを改造し、破壊とペイントを同時に行うペイント爆弾を製作した。

登場作品

Sabine Wren signature

サビーヌ・レンのサイン

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 出典:Star Wars Rebels: The Visual Guide
  2. 2.0 2.1 2.2 出典:アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 出典:スター・ウォーズ 反乱者たち/反乱の口火
  4. 4.0 4.1 出典:Rebels-mini-logo 反乱者たちコンコード・ドーンの守護者
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 Rebels-mini-logo 反乱者たち闇に光る目
  6. 出典:スター・ウォーズ 反乱者たち/ロザルに立ちこめる暗雲
  7. 出典:Rebels-mini-logo 反乱者たち戦う芸術家
  8. 8.0 8.1 8.2 8.3 出典:Rebels-mini-logo 反乱者たち銀河に広がる火
  9. 9.0 9.1 出典:Rebels-mini-logo 反乱者たち嘆きのドロイド
  10. 出典:Rebels-mini-logo 反乱者たち魅惑のフルーツ
  11. 11.0 11.1 出典:Rebels-mini-logo 反乱者たちマスター救出作戦
  12. 出典:反乱者たち(2) 帝国の日
  13. 13.0 13.1 出典:Rebels-mini-logo 反乱者たち候補生エズラ
  14. 出典:Servants of the Empire: Rebel in the Ranks
  15. 出典:SWRM リング・レース反乱者たち マガジン 第1号
  16. 出典:SWRM 忍耐の学習反乱者たち マガジン 第2号
  17. 出典:SWRM 奴隷商人の復活反乱者たち マガジン 第5号
  18. 18.0 18.1 出典:Rebels-mini-logo 反乱者たち帝国の日
  19. 出典:Rebels-mini-logo 反乱者たちつのる力
  20. 出典:Rebels-mini-logo 反乱者たちジェダイへの道
  21. 21.0 21.1 出典:Rebels-mini-logo 反乱者たちギャンブラー
  22. 出典:SWRM 仕組まれた支援物資反乱者たち マガジン 第7号
  23. 23.0 23.1 出典:Rebels-mini-logo 反乱者たち希望のヴィジョン
  24. SWRM エズラのヴィジョン反乱者たち マガジン 第8号
  25. SWRM 審査反乱者たち マガジン 第11号
  26. 26.0 26.1 出典:Rebels-mini-logo 反乱者たち反乱の呼びかけ
  27. 27.0 27.1 出典:Rebels-mini-logo 反乱者たちチームの絆

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。