Fandom

Wookieepedia

サティーン・クライズ

9,742このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
「戦争を受け入れることなどできません。わたくしたちは欺かれ、巻き込まれようとしています。戦いに加わろうとした時から、敗北が始まるのです」
―サティーン・クライズ[出典]

サティーン・クライズ(Satine Kryze)は人間女性で、クローン戦争期に惑星マンダロアを統治した女公爵。平和主義政策を掲げる新マンダロリアン政府を率いた。彼女は惑星カレヴァラに生まれ、若い頃にマンダロア内戦を経験した。この時、クライズはジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンパダワンオビ=ワン・ケノービに守られ、彼女の命を狙う賞金稼ぎから逃げ回った。クライズは亡命生活の中でケノービと非常に親しい関係になったが、彼は任務が終わるとマンダロアから去ってしまった。その後、クライズは戦争で荒れ果てたマンダロアの再建に取り掛かる。マンダロリアン戦士の生き残りは特別行政区である衛星コンコーディアへ追放され、マンダロアに平和の時代が訪れた。

クライズはクローン戦争が始まっても政治方針を曲げず、中立星系評議会の代表者となった。この頃、デス・ウォッチと呼ばれるマンダロリアンの過激グループの活動が活発化し、銀河共和国ジェダイ最高評議会が惑星マンダロアの政情不安に注意を向けた。クライズはジェダイ・マスターに昇格したケノービと数十年ぶりの再会を果たし、過激派のアジトがあるとされるコンコーディアを調査した。2人は古い鉱山で秘密基地を発見し、コンコーディアのプレ・ヴィズラ総督がデス・ウォッチの指導者だったことを知る。その後、クライズは共和国軍による内政干渉は不必要だと訴えるため、自らコルサント銀河元老院へ出向いた。彼女は再びデス・ウォッチの暗殺者に命を狙われたが、ケノービやパドメ・アミダラ元老院議員の助けを借りて敵の陰謀を暴き、共和国軍のマンダロア派兵を中止させた。

クライズの中立主義政策はその後も多くの困難に直面した。戦争で銀河系交易が停滞すると、闇市場を巡る策略がマンダロアの国民を苦しめた。クライズはジェダイ・パダワンのアソーカ・タノや甥のコーキーサンダーリ王立アカデミー候補生たちに助けられ、アルメク首相が陰謀の立案者であったことを突き止めた。政府内部の反逆者から故郷を救ったクライズだったが、今度はシス卿ダース・モールシャドウ・コレクティヴと結託したデス・ウォッチが再び彼女の前に立ちふさがった。プレ・ヴィズラと部下たち(クライズの妹ボ=カターンもその一味だった)はテロ攻撃で新マンダロリアン政権の信用を貶めた後、救世主としてマンダロアに姿を現し、世論を味方につけた。ケノービはクライズをサンダーリから救い出そうとして失敗し、宿敵であるモールに捕らえられた。ケノービへの積年の恨みを晴らすため、モールは彼が見ている前でクライズの命を奪った。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki