FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

サシー・ティン(Saesee Tiin)は惑星イクトッチ出身のイクトッチイ男性で、銀河共和国衰退期のジェダイ・マスターライトセーバーを巧みに扱う優れた剣士であると同時に、有能なスターファイターパイロットでもあった。ティンはナブー危機以前にジェダイ最高評議会に加わったが、評議員の中では寡黙なメンバーとして知られていた。他の評議員と同様、ティンはナブーの侵略事件が起きた時に初めてシスの復活を知り、ダース・モールに殺されたクワイ=ガン・ジンの葬儀に参列した。分離主義危機が最高潮に達した時代、ティンはジオノーシスの戦いに参加し、3年間続いたクローン戦争共和国グランド・アーミー将軍を務めることになった。

評議員イーヴン・ピールウィルハフ・ターキン提督が分離主義勢力の捕虜になった際、ティンはマスター・アディ・ガリアキット・フィストーと共に戦闘機に乗り込み、ローラ・サユーの戦いに参戦した。アンバラにおける戦闘では、地上で戦うオビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーポング・クレル将軍に航空支援を提供した。コルサントの戦いの後、最高議長シーヴ・パルパティーンの正体がシスの暗黒卿だったことが発覚した時、ティンはジェダイ・テンプルにいた。彼はマスター・メイス・ウィンドゥエージェン・コーラー、フィストーらと共に議長のオフィスへ赴き、パルパティーンの逮捕を試みたが、銀河帝国の創設を目論む暗黒卿のライトセーバーに倒れた。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。