FANDOM


VuffiSphere

成熟したサイレンティウム

サイレンティウム(Silentium)とはかつて別銀河に存在してたドロイドによる社会である。

概要

知覚と高度な知能を持ったこの生命体ドロイドは全高1mのクローム製のボディをした、ヒトデの様な角形の有機生物の形をして、自由に動かせる触手の様な5本の足があり、この触手の足には血液の様な液体がある。マイクロ・フィンガー、ボディの真ん中に赤い光受容器、内臓視覚センサーなどを装備している。巨大な球体の形をした宇宙船規模のドロイド種は、初期ドロイド達が創造したもので親に当たる。

このドロイドを創造したとされる種族の者はヒトデの様な姿をしたヒューマノイド種族だとされ、大昔、二足歩行ドロイドを創造していたが、それに似せてヒトデ型のドロイドを創造したとされている。しかし、ドロイドを創造したその種族は惑星の太陽が超新星となった時、放射線により、吹き飛ばされ滅びたとされている。しかし、ドロイドは滅びずそのまま生き続け、何世代にも渡って改良を行いながらドロイドを創造し続け、ドロイドによる文化社会を築いて行った。

サイレンティウムと同じく、ドロイドによる支配社会を築いていた独裁的なアボマイナーも存在していた。アボマイナーとは対立しており、この両ドロイドはユージャン・ヴォングの惑星ユージャンターにも侵略しており、ユージャン・ヴォングが有機テクノロジーを駆使し、反撃してサイレンティウムとアボマイナーを銀河に追い詰めるまで、ドロイド同士で銀河戦争をしていた。追い詰められた末、サイレンティウムはザ・ワンジ・アザーとザ・リスト(他の纏めたドロイド達)の少数のドロイド達が生き残り、すぐに別銀河(銀河系)を発見した。

未知領域に辿り着き、人間と和解をし、そこで孤立しながら静かに落着いていた。しかしその後、この銀河を学ぶ為、探索し、探索中の惑星にいる生物などを元にしたドロイドを創造していた。モン・カラマリ(ダック)の海にいる奇妙な生物型ドロイドナノ=スターランド・カルリジアンが所有していたヴァッフィ・ラーなどがいる。ヴァッフィ・ラーはザ・ワンが銀河探索の為に創造した銀河系の種族との争いを避ける為、非暴力的なドロイドとして創造されていたが、旅の初期にクロークの魔術師ロクール・ゲプタに妨害されていた。ゲプタはヴァッフィを再プログラムをして、オッデファー・オスノー・ウェットに仕えさせた。ウェットは旅でヴァッフィを大いに悪用しており、レナタシアン星系銀河帝国の領土にする為、ヴァッフィを利用していた。またヴァッフィは船荷として乱暴に扱われていた為、過去のプログラムは消去されていた。

ヤヴィンの戦いの2年前、オセオン星系サバックのゲームの賭けでオスノー・ウェットはヴァッフィを賭け物に使っていた。ランド・カルリジアンがウェットに賭けに勝った為、ヴァッフィはランドが所有する事となった。ランドはヴァッフィを信頼出来る良き相棒・友としてミレニアム・ファルコンの副操縦士などを任せたりしていた。その後、ランドと旅を続けていたが、再び魔術師ゲプタが現れ、ヴァッフィを破壊するが、サイレンティウムの宇宙船の船団が現れ、ヴァッフィ・ラーの父と名乗るザ・ワンが現れ、ヴァッフィを修理して蘇生すると、ヴァッフィはランドと別れを告げ、父ザ・ワンと一緒に未知領域に向かったのであった。

登場作品

  • Lando Calrissian and the Mindharp of Sharu (初登場)
  • ハットの策略
  • Lando Calrissian and the Flamewind of Oseon
  • Lando Calrissian and the Starcave of ThonBoka
  • 反乱の夜明け (言及のみ)
  • Dark Forces: Soldier for the Empire audio drama

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki