FANDOM


正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 

サイナー・フリート・システムズ社[1](Sienar Fleet Systems) 、略称SFSは大手の宇宙船製造企業。天才宇宙船設計者レイス・サイナーが設立し、TIEシリーズと称されるスターファイターを帝国軍に供給した事で有名である。

歴史

レイス・サイナーの父、ナロは、レイスと共に惑星ダントゥインの近くを周遊しているとき、コロスIVシ・チャーの攻撃により命を落とした。父の残したサンセ/サイナー・テクノロジー社を22歳の若さで引き継いだレイスは、宇宙船設計のみならず企業経営と、それを捕捉する政治的な駈け引きにも通じていた。現にサイナーの名を持つ宇宙船製造企業、母体企業と子会社及びその関連会社グループが発展していった時代は、旧共和国、帝国、新共和国とめまぐるしく移り変わる激動の時代だったのだ。

旧共和国時代は母体企業のサンセ/サイナー・テクノロジー社がトレード・フェデレーションに兵器を供給し、帝国時代にはSFSとして帝国につき、新共和国時代には新共和国に兵器を供給しながらスローン大提督に対しても改良型TIE/INインターセプターをはじめとする兵器を供給するという、普通では考えられないような無節操な取引を行っている。モン・モスマクラスの高官はそれらの事実をおおよそ把握していながら、SFS社を切ることができないでいる。このことからもSFSの政治的手腕と、兵器開発における技術力の高さが覗えよう。

Editicon.png このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『週刊スター・ウォーズ ファクトファイル』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki