FANDOM


「こんな船、どこにでもあるただの貨物船に過ぎないと思っていたが、お前らにはそれ以上の存在なんだな。まさに我が家だ」
モール[出典]

<ゴースト>(Ghost)はトワイレックヘラ・シンドゥーラが所有した改造型VCX-100軽貨物船である。銀河帝国の時代、アウター・リム・テリトリー惑星ロザルを中心に活動する反乱者たちが使用した。船体後部には<ファントム>という名の小型スターファイターが載置されていた。

特徴

Join the rebellion

<ゴースト>の見取り図

宇宙船<ゴースト>はコレリアン・エンジニアリング社によって製造されたVCX-100軽貨物船の改造型だった。ゴースト(幽霊)という船名は、銀河帝国のセンサーを潜り抜ける能力にちなんで名づけられていた。帝国軍との宇宙戦の傷跡が残る旧型船だったものの、<ゴースト>は高い信頼性を保っていた。

船首のコックピット・セクションの下には砲手専用のステーションが設置されており、船体背面中央部分にも360度回転式のレーザー砲塔があった。<ゴースト>は船体の前半分が乗組員用の区画になっており、4つの主要貨物室のうちのふたつは船体前方の角にあった。<ゴースト>は多くのコレリアン軽貨物船と同様に、右舷と左舷にドッキング・リングを持っていた。船首の砲台に砲手がいない場合、パイロットはコックピットから砲台を操作することもできた。コックピットの後方には乗組員の部屋(4つのプライベート・ルーム)があった。エンジン・アレイの両隣には、船体後方の主要貨物室があり、前方の貨物室同様、船の角に配置されていた。船の後方頂部には<ファントム>という名の小型アタック・シャトルが載置されていた。<ゴースト>はエネルギー緩衝装置や敵から見つかりにくくする空電ジャマーを搭載していた。この機能を使うと、<ゴースト>は相手のセンサーに恒星の波動や宇宙放射能として捉えられた。<ゴースト>はゴザンティ級クルーザーを破壊できるだけの火力を備えていた。

歴史

トワイレックのパイロット、ヘラ・シンドゥーラが<ゴースト>の所有者兼船長だった。シンドゥーラはアウター・リム・テリトリー惑星ロザルを拠点に活動する反乱組織のメンバーで、組織のリーダーである元ジェダイケイナン・ジャラスや、ラサン儀仗兵ガラゼブ・オレリオスアストロメク・ドロイドチョッパーマンダロリアンの武器専門家でアーティストサビーヌ・レンといった仲間たちが<ゴースト>に乗り込んだ。

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。