FANDOM


「共和国時代はこんな仕事ぶりで御の字だったかもしれないが、帝国が重んじるのは混乱ではなく秩序だ。われわれがやってきたからには、ほかの惑星と同じように、ここでも究極のゴールを目指す」
デネトリアス・ヴィディアン[出典]

ゴース(Gorse)はインナー・リムゴース星系に属した惑星である。銀河系で最も醜い星として評判だったゴースは、自転が止まっていたため、片側だけが常に太陽に面していた。

特徴

ゴースの昼の側は湯気をあげる泥の塊のようになっており、居住可能なのは夜の側だけだった。夜の側には、露店鉱や工業都市が存在した。ゴースの衛星であるシンダは非常に大きく、“ゴースとの二重惑星”として記録に残されていた。

歴史

帝国時代、ゴースの夜の側では貴重なソリライドの採鉱活動が行われていた。ゴースが産出するソリライドは、衛星シンダで製錬され、銀河帝国スターシップ製造に欠かせない重要な物質となった。多くの労働者は、クローン戦争の従軍者を収容するために建てられたクリスパス・コモンズで生活していた。帝国の誕生から8後、ゴースを舞台に帝国とレジスタンス勢力の紛争が勃発した。ヘラ・シンドゥーラと元ジェダイパダワンケイナン・ジャラスがレジスタンス側に立って戦った。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。