FANDOM


《買うつもりはあるのか? 7ウーピーウーピーだ》
―ゴーグ商人[出典]

ゴーグ(Gorg)は小さな両生類クリーチャー。ハット種族のメンバーはゴーグを生きたまま食した。ナブー危機の時代、惑星タトゥイーンにあるモス・エスパの市場ではゴーグ1匹が7ウーピーウーピーで販売されていた。ジャー・ジャー・ビンクスは露店で販売されていたゴーグを勝手に食べようとしたため店主とトラブルになった。ハットの犯罪王ジャバモス・エスパ・グランド・アリーナの貴賓席や宮殿の謁見の間でゴーグを口にした。

登場エピソード

参考資料

他言語版