FANDOM


Foerost

フォーロスト造船所へ接近する<ゴルサーズ・スカイ>の幻影

<ゴルサーズ・スカイ>[1](Golthar's Sky)はシス魔術で生み出された宇宙船の幻影。

歴史

3997 BBY、<ゴルサーズ・スカイ>は銀河共和国の領域にあるフォーロスト造船所に接近し、修理を要求した。フォーロストの技術者たちは、近づいてくる宇宙船の巨大さに驚き、点検作業員を派遣するまでの間造船所の外側に待機するよう<ゴルサーズ・スカイ>に要請した。

しかし次の瞬間、<ゴルサーズ・スカイ>の姿は消え失せた。この巨大宇宙船は、ウリック・ケル=ドローマの愛人で、シス魔術師アリーマ・キートがつくり出したフォースに過ぎなかったのである。<ゴルサーズ・スカイ>は、秘密結社クラース攻撃船を隠していた。そして幻が消えると同時に、共和国の造船所に対する奇襲攻撃が始まったのである。

登場作品

  • Tales of the Jedi: The Sith War 1: Edge of the Whirlwind (初登場)

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki