FANDOM


Teedo Luggabeast

同業者からBB-8を解放するレイ

ゴミ漁り廃品回収業者(Scavenger)は廃棄された道具や部品を集めて利用・売却する業者である。

歴史

クローン戦争中、ガー・ナクトという名のトランドーシャンが廃品回収業者として活動していた。彼はアストロメク・ドロイドR2-D2を捕まえ、グリーヴァス将軍に売り飛ばそうとした。

惑星タトゥイーンに住むジャワ族は生まれついてのゴミ漁りとして知られた。ヤヴィンの戦いの直前、デス・スター設計図を託されてタトゥイーンを訪れたR2-D2とC-3POは、ジャワに捕えられて売り物にされた。2体のドロイド水分農夫オーウェン・ラーズに売却された。

帝国時代、価値のある遺物を収集して生計を立てていたサルコ・プランクは、“スカヴェンジャー”というあだ名で知られていた。ヤヴィンの戦いの直後、彼は惑星デヴァロンイーディット寺院に眠るジェダイの遺物を収集するため、ルーク・スカイウォーカーを利用しようとした。

ファースト・オーダーが台頭した時代、惑星ジャクーに暮らすゴミ漁りたちはジャクーの戦い戦場跡に転がる遺物を回収して食べ物と交換していた。ゴミ漁りのティードーは、ジャクーの砂漠を移動するために荷役用のラガビーストを使っていた。

登場エピソード

参考資料

他言語版