FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

コールマン・トレバー[3](Coleman Trebor)は惑星センブラ出身のヴァークで、銀河共和国末期にジェダイ・オーダーに所属したジェダイ・マスターである。ジェダイ最高評議会のメンバーも務めた。数々の惑星の内紛を平和的な手段で解決したトレバーは、ナブーの侵略以前に銀河系規模の名声を獲得した数少ないヴァークのひとりだった。メディアでちょっとした有名人だったトレバーは、銀河のいたるところに有力なコネクションを持っていた。

ヤレアル・プーフ後、トレバーは27 BBYに評議会のメンバーに昇格した。彼は分離主義危機のさなかに多くの任務に参加した。24 BBY、トレバーはシャアク・ティとともにパルパティーン最高議長暗殺計画を阻止し、それから1年以上後にアンター4の戦いに参加した。

22 BBY、コールマン・トレバーは200名を超えるジェダイ攻撃チームに加わり、惑星ジオノーシス乗り込んだ。彼らの目的は、オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーパドメ・アミダラ独立星系連合の指導者ドゥークー伯爵から救出することだった。ジオノーシスのペトラナキ・アリーナで、トレバーはライトセーバーを使いバトル・ドロイドジオノージアンを倒していった。アリーナの貴賓席でポグル・ザ・レッサー大公とともに戦いを見つめるドゥークーを発見し、トレバーは隙を伺って斬りかかろうとした。しかし、そのそばにいたマンダロリアンバウンティー・ハンタージャンゴ・フェットは、すかさずトレバーに向けてブラスターを発射した。トレバーは命を落とし、貴賓席のバルコニーから遥か下のアリーナにゆっくりと落ちていった。

のちの時代、トレバーがドゥークーを倒せていればクローン戦争は回避できたかもしれないと言う者もいた。トレバーの死後、キット・フィストーが評議会の空席を埋めた。

経歴

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

個性と特徴

コールマン・トレバーが評議会のメンバーに選出されたのは、銀河の様々な集団と連絡を取れるコネクションと、平和的手段で危機を解決する能力を買われてのことだった。思慮深く頭脳明晰で、異文化にも的確に対応出来た彼は、ジェダイが銀河中の人間にアピールしたい長所全てを持ち合わせており、評議会はしばしばメディアに対するスポークスマンとして彼を重宝していた。

意図してかどうかはわからないが、コールマンの行いは、ジェダイ・オーダーだけではなく、故郷のセンブラの評価をも高めることが出来た。惑星センブラは火山活動が活発で、新たな大陸を形成しつつある不安定な環境で、其処に住む昆虫型エイリアン種であるヴァークは、故郷の惑星を出る事少ない事とも相まって、原始的な種族と思われていたのである。

制作の舞台裏

コールマン・トレバーのネーミングは、スタッフのロブ・コールマンに由来しているとされる。トレバーの綴りは、ロバート(Robert)を並べ替えると完成する。

登場作品

参考資料

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはコールマン・トレバー/レジェンズに関する0枚の画像があります。

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。