FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「おれたちはできるだけ広く遠くに分散する必要がある。おそらくコーポレート・セクターがもっとも安全な選択肢だ」
バーチ・テラー[出典]

コーポレート・セクター(Corporate Sector)は銀河系宙域コーポレート・セクター・オーソリティによって統治されていた。クローン戦争終結後、分離主義者の抵抗勢力の一部がこの宙域に逃げ込んだ。

歴史

帝国時代

クローン戦争終結した後、銀河帝国独立星系連合残存勢力の掃討作戦を行った。作戦を指揮したモフウィルハフ・ターキンは、分離主義者の残党を追ってコーポレート・セクターやウエスタン・リーチ、連邦国家タイオン・ヘゲモニーへと出向いた。

クローン戦争の終結から5後、かつて独立星系連合トレード・フェデレーションに属した技術がコーポレート・セクター内で使われ始めていた。旧分離主義勢力の宇宙船の流用部品からつくられた軍艦帝国軍センチネル基地攻撃した際、基地の司令官を務めていたモフ・ウィルハフ・ターキンは船の建造地はコーポレート・セクターではないかと推測した。スターキラー基地を攻撃した反乱組織のリーダー、バーチ・テラーは、その後ターキンの個人用コルベットキャリオン・スパイク>を盗み出し、帝国の複数の施設に攻撃を仕掛けた。作戦を終えた後、テラーはコーポレート・セクターへ逃げる計画を立てていた。

新共和国時代

エンドアの戦いの30年後、チャージング・アレイを積んでコーポレート・セクターへ向かっていた自由貿易商人の貨物船イージラ・ザイド>がファースト・オーダー攻撃を受け、ハイジャックされた。また、新共和国エルード・ロー=キンター元老院議員の口座には、コーポレート・セクター・オーソリティの紹介による第三社の企業を通して大金が送付されていた。この事実を知ったレジスタンスレイア・オーガナ将軍は、ロー=キンターの反逆行為を裏付ける証拠を手に入れるため、サーベルの一撃作戦を開始した。

表記

フォースの覚醒前夜 ~ポー・レイ・フィン~』では企業セクターと表記されている。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。