FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

コーポレート・アライアンス[1](Corporate Alliance)は銀河共和国商業ギルドの1つである。彼らは、企業で働く労働者や製品を買う消費者が、まるで信仰の様な一体感を持つ事を奨励していた。銀河系の大企業の複合組織であり、惑星マーカナマーカナ・シティに本拠地を置いていた。銀河元老院に議席を持っていたが、クローン戦争独立星系連合に加わる。その活動は多くの銀河元老院議員に評価されていた為、分離主義運動に身を寄せた事に多くの人々が驚きを隠し得なかった。

形態

Passel Denaria

マジストレイトのパッセル・アージェンテと副官デナリア・キー

コーポレート・アライアンスは中立と考えられ、銀河元老院に代表を送り、加盟企業の意見を反映させていた。それらの物理的財産、知的財産の保護、例えば権益と特許の保護はアライアンスの引き受けていた重要な仕事の一つである。また、メンバーではない企業に対しても高額の報酬を要求するものの、ライバルとなりそうな企業同士の紛争等の調停も行っていた。またアライアンスは、銀河全般に亘る株式市場に於いて株を発行しており、何十億という膨大な株主から成り立っていた。

クローン戦争戦直前、共和国は中立を破るアライアンスが加盟企業の為に武装する事を許した。銀河元老院に代表が居る為、自分達が元老院の指示に違反すれば速やかに責任を問えるとの主張である。

アライアンスは敵に対処する際、銀河元老院の力に頼るだけでは満足せず、何千というタンク・ドロイドを含めた重装備の軍隊に物を言わせた。アライアンス重役会は敏腕弁護士を雇い、例え法を犯している様に見えても、自らの活動の合法性を簡単に証明して見せた。 また、アライアンスには独自の「警察的」組織があった。「処理班」という渾名で呼ばれたこの組織は重役会直属の組織で、組織内を監視し、即座に問題を突き止め、時には、往々に於いて警告もせず、逮捕もせず、その問題を破壊した。

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki