FANDOM


「コード・シリンダーを」
「見てわからないのか? 私は大尉だぞ」
「それはわかっています。コード・シリンダーを」
―ストームトルーパーとヨガー・リステ大尉[出典]

コード・シリンダー(Code cylinder)は銀河帝国ファースト・オーダーの軍隊で使用されていた円筒形の保安装置である。所有者に関する暗号化された情報が内蔵されていた。通常、コード・シリンダーは軍服の肩の下にある小さなポケットに入れて持ち運ばれた。

歴史

クローン戦争終結から5年後、銀河帝国に対する抵抗運動を行っていたバーチ・テラーは、帝国宇宙軍司令官アベル・ラサルのコード・シリンダーや将校ディスク階級プレートを偽装し、ラサルに成りすましてフィンダーの燃料タンカー施設で補給を受けようとした。燃料施設の管理官はコード・シリンダーの情報を疑わなかったが、この偽装はモフウィルハフ・ターキンによって見破られた。[1]

登場作品

参考資料

脚注

  1. 出典:ターキン
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。