FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

コンコード・ドーン[1](Concord Dawn)は、アウター・リム・テリトリーマンダロア宙域に存在した、辺境の農業惑星である。この惑星はマンダロリアン戦士団と強い繋がりを持っていた。コンコード・ドーンの住民は多くの価値基準をマンダロリアンと共有し、彼らの遺伝子的特徴は、戦士団のメンバーの中にも見受けられた。58 BBYトア・ヴィズラ率いるデス・ウォッチが、地元出身のマンダロアジャスター・メリール率いる真のマンダロリアンを攻撃したことで、コンコード・ドーンはマンダロリアン内戦の発火点となった。メリールは、デス・ウォッチの攻撃で孤児となった少年、ジャンゴ・フェットの助けを借り、形勢を逆転させた。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ キャラクター事典』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。