FANDOM


コロナ級武装フリゲート(Corona-class armed frigate)、別名パイレーツ・ソーサー・マザーシップ(Pirate saucer mothership)は円盤型の船体が特徴的なフリゲートである。ホンドー・オナカー率いるウィークウェイ海賊たちが母艦として使用していた。

特徴

コロナ級武装フリゲートは、直径376.29メートルの円盤型スターシップである。独特な音を立てて回転しながら宇宙空間を飛行した。着陸時、コロナ級フリゲートは円盤の下面から搭乗用ランプの機能を兼ねた8本の接地脚を展開した。また、このフリゲートは複数のフレアスター級アタック・シャトルを収容することができ、円盤の中央部から発進・収容した。コロナ級フリゲートはミサイル・ランチャーレーザー砲トラクター・ビームで武装していた。

歴史

クローン戦争中、ウィークウェイホンドー・オナカー率いる海賊団はコロナ級フリゲートを略奪活動の母艦として使用していた。戦争中、彼らはコロナ級フリゲートを使ってパラディン級コルベットクルーシブル>を襲撃する。

登場エピソード

参考資料

脚注