FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

この記事はハイパースペース大戦の戦いを扱っています。 あなたが探しているのは旧シス戦争戦いかもしれません。

ハイパースペース大戦中、コロス星系連合軍シス帝国軍隊コロス・メジャー衝突した。5000 BBYシスの暗黒卿ナガ・サドウは侵略軍を招集し、銀河共和国に対する攻撃を開始した。コロス・メジャーの出身者で、サドウのシス・アプレンティスになったゲイヴ・ダラゴンが率いるシス艦隊は、コロス星系を征服するために派遣された。二か所同時攻撃を行うため、惑星キレックにも別の艦隊が送り込まれた。エンプレステタと彼女の最高顧問のヴォンテージ将軍が率いるコロス連合軍は、直前のコロス統一戦争によって戦力が損なわれていたが、テタは敵に十分に対処することが出来るだろうと信じていた。惑星コロス・メジャーでの戦闘中、ゲイヴ・ダラゴンは長い間離れ離れになっていた妹のジョリを探すため、ドロップシップに乗ってシナガーに降り立った。マサッシの護衛を連れて妹を探していた時、ゲイヴは知り合いだったアールバ・ザ・ハットと出会い、口論になった。アールバはマサッシに敵と誤解されて殺されてしまい、その瞬間を目撃したジョリは、兄と対立した。自らの感情に圧倒されたゲイヴは、すぐに戦いを放棄し、サドウを攻撃して戦争を終わらせることに決めた。ゲイヴ・ダラゴンという指揮官がいなくなったため、シス軍はコロス・メジャーの戦いに敗北する。

背景

KorosMajorWarMeeting

テタの宮殿で開かれた戦いの事前会議

5000 BBYハイパースペース探検家ジョリ・ダラゴンが、故郷惑星コロス・メジャーに戻ってきた。彼女は兄のゲイヴ・ダラゴンと共に長らく孤立していたシス帝国を発見し、シスから逃れて戻ってきたのだった。ジョリはコロス星系の支配者、エンプレステタ宮殿に忍び込み、シスによる銀河共和国への侵略が差し迫っていることをテタに警告した。それから間もなく、シスの暗黒卿ナガ・サドウシス・アプレンティスになったゲイヴ・ダラゴンが、サドウの侵略艦隊の大部分を率い、コロス星系にやって来た。宮殿で開かれた作戦会議で、エンプレス・テタは最高顧問将軍ヴォンテージに、コロス・メジャーでシスと戦う軍隊を指揮する役目を与えた。艦隊軍艦の多くは、直前に終結したコロスの統一戦争で破壊されるか、損傷を負っていたが、エンプレス・テタは彼らが良い働きをするだろうと信じていた。コロス・メジャーの市民は、命を懸けて惑星を守る覚悟で、戦艦を発進させた。コロスの勢力は、惑星の首都シナガーで防衛の配置を開始し、テタ自身も重装甲のバトル・アーマーのスーツを身に着け、巨大な槍を手にして戦いに備えた。また、ジョリ・ダラゴンもジェダイ・ナイトオダン=ウーアから与えられたプロトセーバーで武装した。

戦闘

Aarrba death

アールバ・ザ・ハットを殺害するマサッシの戦士

間もなく、シスの艦隊はコロス・メジャーへの攻撃を開始し、シナガーの一般市民にパニックをもたらした。シスのマサッシ戦士やウォー・ビヒモスを載せた多数のドロップシップが、惑星の地表に向けて発進した。コロスの軍隊は、対航空機砲台を使って惑星に降りてくるに対処した。これらの砲撃はしばしば的を外れ、居住区やビジネスの建物に打撃を与えた。一方、シス艦隊の指揮官ゲイヴ・ダラゴンは、部下の反対を押し切ってコロス・メジャーの地上に降りることに決めた。彼はマサッシの護衛を引き連れ、ドロップシップに乗った。ゲイヴは都市の防衛機構をシャットダウンし、出来る限りを流さずに勝利を手にするつもりだと部下に語ったが、本当の目的は、妹のジョリ・ダラゴンの行方を知ることだった。ゲイヴはアールバ修理ドックの近くに着陸する。アールバは、ゲイヴの一族と知り合いのハットだった。ゲイヴがアールバに妹の居場所を尋ねたとき、このハットは彼の顔に唾を吐きかけた。これを攻撃行為と解釈したゲイヴのマサッシ護衛兵は、アールバの腹部を武器で突き刺した。致命傷を負ったハットは、ホバースレッドから崩れ落ちてマサッシの護衛兵を押しつぶし、彼らの命を奪った。

その場に駆け付けたジョリ・ダラゴンは、アールバの体を目にし、ハットを殺した兄ゲイヴを非難する。怒りに駆られ、彼女はオダン=ウーアから与えられたライトセーバーを起動し、残っていたマサッシの戦士を殺害した。目に涙を浮かべながら、ジョリはアールバの死について兄に迫った。感情に耐え切れなくなったゲイヴ・ダラゴンは、妹の前から逃げ去った。旗艦に戻った後、ゲイヴは彼の故郷を荒廃させ、兄妹を離れ離れにしてしまった戦争を終わらせるため、コロス・メジャーの戦場を放棄してナガ・サドウと戦う決断をした。指揮官を失ったシスの軍隊は、テタとコロス勢力に敗北した。

その後

ジョリ・ダラゴンは、テタの艦隊を引き連れて兄のゲイヴを追跡し、苦境に立たされている兄を発見した。ゲイヴはナガ・サドウと一対一で向き合おうとしたが、この暗黒卿の罠にはまり、サドウのメディテーション・スフィアにたったひとり残されていた。ゲイヴは、コロス軍にシス帝国の座標を教えた。しかし間もなく、サドウは再び彼らの前に姿を現し、秘密の武器を起動して恒星プリマス・ガルード破滅させた。結果として起こった爆発で、ゲイヴ・ダラゴンは命を落とした。シスの軍隊はコロス・メジャー、コルサント、そしてキレックで敗北し、勝利の望みを失ったナガ・サドウはシス帝国領に戻った。テタの軍隊は帝国領までサドウを追跡し、コリバン戦闘で暗黒卿を破った。サドウは自らの死を装い、辺境の衛星ヤヴィン4に逃れる。シナガーの都市はコロス・メジャーの戦いで大きな被害を被ったが、3996 BBYの時点で完全に復興し、全盛期を迎えていた。

制作の舞台裏

コロス・メジャーの戦いは、コミック・ブック・シリーズ『Star Wars: Tales of the Jedi』の、『The Fall of the Sith Empire』(1996年発売、ケヴィン・J・アンダースン作、未邦訳)で描かれた出来事である。コロス・メジャーの戦いの描写は『The Fall of the Sith Empire』の第3号、『First Encounter』から始まり、その内容は次の号まで続いた。戦いのイラストを担当したのはダリオ・カラスコ・ジュニアである。複数のリファレンス・ブックがこの戦いについて言及しており、そのうち『 The New Essential Chronology』は『スター・ウォーズ 全史』として邦訳、出版された。

登場作品

  • Tales of the Jedi: The Fall of the Sith Empire 3: First Encounter (初登場)
  • Tales of the Jedi: The Fall of the Sith Empire 4: The Dogs of War
  • Tales of the Jedi: The Fall of the Sith Empire 5: End of an Empire (言及のみ)
  • Star Wars: The Old Republic (言及のみ)
  • Crosscurrent (言及のみ)

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki