Fandom

Wookieepedia

コルサントの戦い

9,750このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 

コルサントの戦い(Battle of Coruscant)はクローン戦争の終結直前に発生した銀河共和国独立星系連合の戦闘である。分離主義勢力が共和国の首都惑星コルサントに奇襲を仕掛けたことで始まった。表向きにはシーヴ・パルパティーン最高議長として共和国の指導者を演じていたシスの暗黒卿ダース・シディアスは、この戦いのさなかに分離主義勢力のグリーヴァス将軍に誘拐された。グリーヴァス将軍や共和国の人びとは知らなかったが、これはジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーフォースのダークサイドに引きずり込むために仕組まれた茶番だった。

議長を連れ去った分離主義勢力宇宙軍の逃走を阻止するため、共和国艦隊は首都の上空で激しい抵抗を試みた。スターファイターで宇宙戦に参加したスカイウォーカーとジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービは、グリーヴァスの旗艦インヴィジブル・ハンド>に乗り込み、分離主義者を束ねるシス卿ドゥークー伯爵と戦った。スカイウォーカーは伯爵を殺してパルパティーン議長を救出したが、グリーヴァスは艦を捨てて逃亡した。コルサントの戦いは共和国軍の勝利に終わり、議長は無事に地上へ帰還した。

ドゥークーの死後、共和国は分離主義勢力の指導者となったグリーヴァスを執拗に捜索した。ジェダイ・オーダーは惑星ウータパウでグリーヴァスを追い詰め、戦争の終結を早める重要な勝利を掴んだ。一方、パルパティーンはスカイウォーカーの誘惑に成功し、彼をドゥークーに代わる新しい弟子にした。その後、オーダー66を発令してジェダイと分離主義者の幹部を排除し、クローン戦争に終止符を打ったパルパティーンは、共和国を銀河帝国へ再編する改革を行った。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki