FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「あんたは爆薬を運んでなんぼの仕事をやってるんだよな。帝国の連中がやってくるんで、コマネズミのように働いているわけだ」
ケイナン・ジャラスに対し、スケリー[出典]

コマネズミ(Eskrat)は忙しく動き回ることで知られたネズミ銀河帝国デネトリアス・ヴィディアン伯爵惑星ゴース衛星シンダ鉱業に介入した際、スケリームーングロウ・ポリケミカル社パイロットとして働くケイナン・ジャラスをコマネズミに例えた。[1]

制作の舞台裏

コマネズミは2014年に発表されたジョン・ジャクソン・ミラーの小説『新たなる夜明け』で初めて言及された。しかし、スター・ウォーズ レジェンズ作品を含めると、このクリーチャーに初めて言及した作品はジェームズ・ルシーノの小説『ミレニアム・ファルコン』である。同作ではカタカナでエスクラットと表記されている。

脚注

他言語版