FANDOM


コフィ・アラーナ[1](Koffi Arana)は、惑星ターカナ出身の人間男性で、銀河共和国末期のジェダイ・マスターである。クローン大戦中、彼は共和国グランド・アーミー将軍として活躍した。大戦最後の年、アラーナはボーズ・ピティの戦い分離主義勢力の軍隊を相手に戦った。そして彼はコルサントジェダイ・テンプルで開かれた、アウター・リム・テリトリーに対する共和国軍包囲攻撃に関するミーティングに参加した。それから間もなく、パルパティーン最高議長は全てのジェダイの殺害を指示するオーダー66を発令し、多くのジェダイがクローン・トルーパーに殺されたが、アラーナはこの奇襲を生き延びた。ジェダイの大粛清の開始から1か後、アラーナはツイ・チョイロブリオ・ダーテジャスタス・ファーシャデイ・ポトキンたちジェダイ・マスター、そしてバルター・スワンシア=ラン・ウェズマキスシャラスたちジェダイ・ナイトとともに、惑星ケッセル廃棄された鉱山集結した。

しかしオーダー66を生き延びたジェダイたちの会合は、マスター・オビ=ワン・ケノービを捜索していたシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーによって襲撃された。アラーナと仲間のジェダイたちは、ダース・ヴェイダーを殺す決意で、このシス卿を待ち伏せして攻撃した。ヴェイダーはウェズとポトキンを殺害し、ポトキンのコートシス・ブレードを使ってアラーナのライトセーバーを無効化した。チョイとスワンが何とかヴェイダーの右腕を切り落とすと、シス卿は降伏を装ってジェダイたちを欺こうとした。しかしアラーナは、今すぐにこの暗黒卿を殺すべきだと主張した。スワンと議論を交わしたあと、アラーナは彼女を殺し、機能を失った自分のものの代わりに彼女のライトセーバーを奪った。しかしヴェイダーは、コートシス・ブレードを握ったままの自身の右腕をフォースを使って投げ飛ばし、アラーナの胸に刃を突き刺した。アラーナのの直後、ヴェイダーと第501軍団に属する帝国軍ストームトルーパーは、チョイ、ファー、ダーテを殺害した。

経歴

オーダー66

AranaJediTemple

ジェダイの大粛清開始直後、ジェダイ・テンプルの前に立つコフィ・アラーナ

人間男性、コフィ・アラーナは、銀河共和国の最後の数十に生きた。惑星ターカナ出身のアラーナは、ジェダイ・マスターとしてジェダイ・オーダーと共和国に仕えた。共和国と独立星系連合の間にクローン大戦勃発すると、アラーナは共和国グランド・アーミー将軍になった。大戦中のある時期、彼はアウター・リム・テリトリーの惑星、タトゥイーンを訪れた。19 BBY、戦争が最後の段階に突入した頃、アラーナはボーズ・ピティ戦いに参加し、分離主義勢力の軍隊と戦った。その後アラーナは、銀河系首都惑星コルサントの、ジェダイ・テンプルブリーフィング・ルームで行われた戦争のミーティングに参加した。この会合では、共和国のアウター・リム包囲攻撃について話し合われ、ジェダイ・マスターのオビ=ワン・ケノービも参加していた。会合が終わった後、アラーナはジェダイのメリック・ガラーハシャデイ・ポトキンマキスシャラスたちとともにブリーイング・ルームを後にした。

その後、共和国の最高議長パルパティーンは、クローン・トルーパーにジェダイの指揮官の殺害を指示するオーダー66を発令した。アラーナはオーダー66の初期段階を生き延びる。ジェダイ抹殺を命じた後、パルパティーン(その正体は、シスの暗黒卿ダース・シディアスだった)は自らを皇帝宣言し、共和国を初代銀河帝国に再編した。新しく誕生した帝国軍は、アラーナがオーダー66を生き延びたことを知っており、彼の画像をホロネット・ニュースの最終版に掲載した。アラーナは何とかコルサントまで戻り、ジェダイ・テンプルの前の群衆に加わった。彼は帝国のストームトルーパーテンプル・エントランスでジェダイの死体を燃やすのを目撃し、男性のジェダイがエントランスのストームトルーパーを襲撃する様子を見守った。アラーナと、群衆に紛れていた他のジェダイ(シャデイ・ポトキン、ダス・ジェニアカイ・フドラパダワンノイラー・ナー)はストームトルーパーへの攻撃に加わらず、男性のジェダイがブラスター攻撃で命を落とす場面を傍観した。

ケッセルの待ち伏せ

Kesselconclave

ダース・ヴェイダーとの戦いに備える、アラーナと他7名のジェダイ

1か間姿を隠した後、アラーナは採鉱の惑星ケッセルに赴いた。彼は密かに、ツイ・チョイロブリオ・ダーテジャスタス・ファー、シャデイ・ポトキンたちジェダイ・マスター、バルター・スワンシア=ラン・ウェズ、マキスシャラスたちジェダイ・ナイトと、廃棄されたスパイス鉱山会合を開いた。ジェダイたちは、共和国の没落と銀河帝国の台頭について話し合った。会談の中でアラーナは、例えフォースのダークサイドに堕ちたとしても、自分はシスと戦うつもりだと主張した。ポトキンは、マスター・オビ=ワン・ケノービが会合に参加するという偽りの情報を流したことを告白し、シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーが、ケノービを見つけるためケッセルに向かっていると、アラーナと他のジェダイたちに明かした。ヴェイダーは、戦いに備えたアラーナたちのもとに姿を現し、彼らにケノービの居場所を教えるよう迫った。アラーナたちはこのシス卿ライトセーバー対決した。ウェズがヴェイダーに殺されると、アラーナは敵を背後から攻撃しようとしたが、フォース=プッシュで吹き飛ばされてしまった。マキスシャラスが命を落とし、ファーがヴェイダーに傷をつけた後、アラーナは再度攻撃を試みたが、シスはこれを回避した。

ヴェイダーは退いてポトキンを殺し、彼のコートシス・ブレードを奪った。シス卿はジェダイとの戦いを続け、ポトキンのブレードでアラーナ、ファー、ダーテのライトセーバーを無効化した。しかし、チョイはヴェイダーのサイバネティックスの右切り落とすことに成功した。暗黒卿はジェダイに対し降参したふりをしたが、アラーナはマスターたちにすぐにヴェイダーを殺すよう迫った。しかしスワンはアラーナを止め、ジェダイは降伏した丸腰の相手を攻撃してはならない、という掟を彼に思い起こさせた。アラーナはヴェイダーを生かしてはおけないと主張し、スワンにライトセーバーを寄こすよう命令した。スワンは怒りを振り払うよう嘆願したが、アラーナはスワンのライトセーバーを奪い取るため、それを掴んで起動し、彼女を突き殺してしまった。チョイは、スワンが味方に殺されたことにショックを受ける。一方のアラーナは、自分で殺したスワンも含め、死んだジェダイたちの復讐をすると誓った。アラーナは起動したライトセーバーを手にヴェイダーのもとへと跳躍したが、暗黒卿はフォースを使って切り落とされた自分の右腕をアラーナに投げつけた。右手に握られたままのコートシスブレードがアラーナの胸に突き刺さり、彼は命を落とした。アラーナが死んだ後、ヴェイダーは第501軍団ストームトルーパーの助けを借り、チョイとファー、ダーテを殺害した。

アラーナの死の詳細は、第501軍団のストームトルーパーのひとり、クローン・コマンダーボウによって報告された。公式記録(モフマースリン・ウェッセルによってつくられた、様々な報告書の編集物に、帝国の顧問セイト・ペスタージュが手を加えたもの)には、アラーナが必死の権力闘争の末、味方のジェダイに殺されたと記録されていた。

個性と特徴

Arana Death

アラーナの死

クローン大戦中、コフィ・アラーナはジェダイの将軍として共和国のために戦った。パルパティーンがジェダイを裏切り、自身を銀河帝国の皇帝と宣言した後、アラーナは、たったふたりのシスがオーダー全体を滅ぼすことが出来るようでは、ジェダイの教えは本当は弱いのではないかと考えるようになる。アラーナはシス卿の殺害を主張し、銀河をシスから救うためであれば、フォースのダークサイドも含め、いかなる武器でも使う決意だった。ケッセルでジェダイがダース・ヴェイダーを待ち伏せした際、シス卿は彼らに対し降参を装ったが、アラーナはすぐに彼を殺してしまおうと主張した。意見の対立するバルター・スワンが、ライトセーバーを渡すことを拒否した際、アラーナはヴェイダーを殺すためならばどんな武器も使うと公言し、彼女を殺してそのライトセーバーを奪った。彼はスワンを含むジェダイの犠牲者の仇を討つつもりだったが、暗黒卿に返り討ちにされた。

クローン大戦の最後の年、アラーナは茶ジェダイ・ローブを着用していた。オーダー66の初期段階を生き延びた後、彼は黒い装甲服を着るようになった。ケッセルで他のジェダイとともにヴェイダーを迎え撃った時、彼は一揃いの赤い装甲服を着ていた。また、彼は青いクリスタルを内蔵したライトセーバーを所有し、使っていた。

力と能力

ケッセルで7名のジェダイと落ち合う前、アラーナはジェダイの大粛清の初期段階を生き延び、1か月の間、下層社会で生き抜いていた。ジェダイ・マスターとして、アラーナは戦闘においてライトセーバーを使った。7人のジェダイとともにケッセルでダース・ヴェイダーと戦った時、彼はこの暗黒卿を倒すことが出来なかった。また、アラーナはフォースを使って長距離を跳躍することが出来た。ヴェイダーとの戦いで、彼はこの能力を使っている。

制作の舞台裏

KoffiArana

当初、若き日のキュー・ラーンとして描かれた、ジョー・コロネイによるアラーナのイラスト

2005年9月ルーカスフィルムのホロクロン・キーパー、リーランド・チーは、ジョー・コロネイStarWars.comのブログのコメントで、初めてコフィ・アラーナについて言及した。このコメントで、チーはコロネイがスター・ウォーズ インサイダー第84号の記事『Republic HoloNet News Special Inaugural Edition 16:5:24』に描いたキャラクターの名前が、「アラーナ」であることを明かした。コロネイはもともと、このイラストを若き日のジェダイ・マスター・キュー・ラーン(オーダー66の生存者のひとり)のつもりで描いた。それから4か月近く後、コロネイは同じブログ記事のコメント欄で、アラーナが映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005年5月19日公開)の確認可能なシーンに登場しているという後付設定を発表した。映画でこのキャラクターを演じた俳優がジャーヴェイス・コフィであると明言した公式ソースは存在しないが、StarWars.comと コフィの公式サイト、そしてコフィやスター・ウォーズに無関係な複数のウェブサイトにその情報が掲載された。その後、アラーナはインサイダー第87号掲載の『Order 66: Destroy All Jedi』にも登場した。

アラーナはコミック・ブック・シリーズ、『Star Wars: Republic』の第80号、(ストーリー・アーク『Into the Unknown』の第2号)に登場した。彼はダグラス・ウィートリーによって描かれた。その後、アラーナはジョン・オストランダー作、ウィートリーがイラストを担当した独立したコミック、『Star Wars: Purge』でより大きな役割を果たした。この作品では、ジェダイの大粛清中のアラーナの死が描かれた。

登場作品

参考資料

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはコフィ・アラーナに関する4枚の画像があります。

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ キャラクター事典』に基づく。


他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki