FANDOM


類似した名称の記事はコス(曖昧さ回避)を参照
「戦争は政治と同じで、ときには奇妙な仲間を引き寄せるものだ。手持ちのコマは利用しなくてはならん」
―コス・メラン[出典]

コス・メラン[1]Koth Melan)はボサン男性で、銀河内戦当時にボサン・スパイネットの長を務めたスパイマスター17 BBYに父親が銀河帝国から反逆罪に問われ処刑されたため、メランは共和国再建のための同盟の思想に共鳴し、父の名誉を取り戻すため彼らに協力した。ボサン通商使節団の役員に扮したメランは、銀河系の各地で諜報活動を取り仕切り、コレリア密輸業者ダッシュ・レンダーと取引したこともあった。スパイマスターとしての役割を気に入っていたメランは、自ら危険を冒すことはほとんどなく、ボディガードである幹部を引き連れて旅をした。

3 ABY、メランのエージェントは帝国軍の新しい計画の情報を掴む。メランはレイア・オーガナへの連絡を試みるが、代わりにメッセージを受け取ったのはルーク・スカイウォーカーダッシュ・レンダーだった。これはメランにとって幸運だった。なぜなら、計画の核心に迫るデータはボス星系上の輸送船<スプローサ>を通して渡されるからだ。メランはブルー中隊ボサンのパイロットたちを訓練するため、コマンダー・スカイウォーカーの助力を得る。そしてダッシュ・レンダーは<アウトライダー>で惑星ボサウイにおける戦闘に参加した。メランはデータを回収するため、スライサーたちがデータを解読している惑星コスリスに、スカイウォーカーとレンダーと共に向かう。だが、メランたちがデータを回収中、コスリスの基地はバラベルの賞金稼ぎの襲撃を受ける。彼らは銃撃戦を行ったが、メランはビームに当たって戦死してしまった。エージェントのボースク・フェイリャはデータを持って逃げ切り、これはのちに第2デス・スターの計画だったことが明らかになった。

経歴

Wiki-shrinkable.png このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

登場作品

参考資料

Wiki-shrinkable.png
ウーキーペディアにはコス・メランに関する1枚の画像があります。

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki