FANDOM


ゲイン・ドロンメル[1](Gaen Drommel)は人間男性で、帝国宇宙軍将校皇帝パルパティーン後、軍将として銀河帝国を離脱したドロンメルは、故郷であるオプロヴィス宙域を支配下に置いた。

経歴

Gaen Drommel

ドロンメル提督

人間男性、ゲイン・ドロンメルは、惑星オプロヴィスの出身だった。彼は帝国宇宙軍に加わり、グランドモフウィルハフ・ターキンを後見人につけた。4 ABY当時、元帥になっていたドロンメルは、首都インペリアル・センターに配置されていたエグゼクター級スター・ドレッドノート、<ガーディアン>を指揮した。銀河帝国エンドアの戦いで敗北し、皇帝パルパティーンんだという報せを耳にしたドロンメルは、指揮下の部隊とともにホームワールドへと撤退し、自らを軍将と称した。多くの司令官が帝国を離脱し、それぞれ独立した領域を統治する中、ドロンメルは故郷のオプロヴィス宙域の支配者になった。

タンティヴVの戦いで敗北した後、ソウレックスへと退却したドロンメルは、部下だったガストス・ナイオヴィ大佐によって暗殺された。この若き帝国軍将校は、もはやドロンメルは銀河帝国の良心に仕えていないと判断したのである。その後ナイオヴィは、<エクイティ>を指揮する新共和国ヴォラーン艦長に、ドロンメルの艦隊を引き渡した。

登場作品

  • SWAJsmall "Two for One"―Star Wars Adventure Journal 15 (初登場)

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki