FANDOM


「数学とは科学ではなく詩――ものごとの見えざるつながりをはっきりと見せる、われわれの努力だ。銀河の神秘の架け橋となり、それらを拡大する詩だ。だが、それらのつながりを表すために知覚生物が使う記号や方程式は、発見したものではなく、いつもそこにあった秘密からすき取ったものだ。すべての理論は自然の中にある、われわれの中にではなく」
―ゲイレン・アーソ[出典]

ゲイレン・ウォルトン・アーソ(Galen Walton Erso)は惑星グレインジ出身の人間男性で、銀河帝国超兵器デス・スター”の開発および破壊に貢献した科学者である。クワット・システムズ・エンジニアリング勲章アシュガッド賞ローシュ財団賞を受賞。結晶学とエネルギー研究の権威として知られ、特にカイバー・クリスタルを用いたエネルギー強化に精通していた。農耕惑星の貧しい家庭に生まれたゲイレンは、幼い頃から数学や科学に天才的な才能を発揮し、息子の人生をグレインジで終わらせたくないと願っていた母親の後押しもあってコア・ワールドへ渡った。彼はブレンタールIV共和国フューチャーズ・プログラムに参加し、そこでオーソン・クレニックと親交を結ぶ。ゲイレンは卒業後も勉学に励み、クレニックの計らいで応用科学研究所の客員教授となったが、結晶学とエネルギーに専門を絞った後は広範な調査旅行を始めた。彼はエスピナールを訪れた際に調査チームのガイドを務めたライラと恋に落ち、のちに結婚する。クローン戦争勃発前、彼はザーペン・インダストリーズ社の誘いを受け、この中立企業の社員としてカイバー・クリスタルの研究を続けた。

クローン戦争中、ゲイレンとライラは惑星ヴァルト独立星系連合支持派のヴァルティ政権に拘束された。分離主義者の保護下にあったとき、ライラはゲイレンとの娘ジンを出産した。その後、アーソ家共和国特殊兵器部門所属のクレニックによってヴァルトから救出される。クレニックは共和国が秘密裏に進めていた機動性バトル・ステーション開発計画にゲイレンの才能を役立てようと考えていたが、無理強いはせず、ゲイレンが自発的かつ盲目的にプロジェクトに加わるのを辛抱強く待った。しばらくコルサントで暮らしたのち、ゲイレンはヘリカル・ハイパーコム社と契約して妻子とともに惑星ロコリに移り住んだが、ここでは本当に望む仕事を与えられなかった。ゲイレンとその家族は分離主義者によるロコリ侵略を間近で経験したが、戦争の終結によって最悪の事態を免れる。その後ゲイレンはクレニックから再度接触を受け、銀河帝国天体パワー・プロジェクトに加われば、ゲイレンの悲願である持続可能エネルギーの研究開発をクローン戦争で被災した惑星の復興に役立てられると持ちかけられた。

アーソ家は再びコルサントに移り住んだが、やがてゲイレンとライラはカイバーの研究がスーパーレーザー兵器の開発に利用されていることに気づいた。ゲイレンはハズ・オビットソウ・ゲレラの助けを借りてコルサントから脱出し、帝国から身を隠すため惑星ラムーで4年ほど隠遁生活を送った。13 BBY、ゲイレンはクレニックに見つかってラムーから連れ出され、抵抗したライラは殺された。これ以降、ゲイレンは娘の安否もわからぬままデス・スターの開発に従事したが、帝国への復讐のため、超兵器の構造に致命的な弱点を仕組んだ。0 BBY、デス・スターの完成が近づいていたとき、彼は弱点に関するメッセージを貨物船パイロットボーディー・ルックに託した。情報漏洩に気づいたクレニックがイードゥー研究施設を訪れた際、ゲイレンは同時に発生した反乱同盟軍による奇襲に巻き込まれて命を落としたが、息を引き取る直前に娘のジンと再会した。父が遺したメッセージに従い、ジンはローグ・ワンと呼ばれる分隊を率いてスカリフ安全管理施設に侵入し、デス・スターの弱点が記された設計図を入手する。ジンもまたこの戦いで命を落としたが、アーソ父娘の行動はヤヴィンの戦いにおけるデス・スターの破壊に繋がった。

制作の舞台裏

ゲイレン・アーソは2016年公開のアンソロジー・シリーズ映画第一弾、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場したキャラクターである。俳優はマッツ・ミケルセン

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。