Fandom

Wookieepedia

ケンス・ハムナー

9,743このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
「ジェダイには多くの義務がある。たがいに矛盾するものも多い」
―ケンス・ハムナー[出典]

ケンス・ハムナー[1]Kenth Hamner)は人間男性で、ニュー・ジェダイ・オーダージェダイ・マスターである。惑星コレリア出身のハムナーは、イザル・ウォズ弟子にしていた。ハムナーはユージャン・ヴォング戦争でオーダーのために戦い、オーダーと新共和国の間の連絡役を務め、ジェダイ最高評議会の議席を獲得した。続くダーク・ネスト危機において、ハムナーは新共和国の後継者である銀河連合自由同盟の忠実な支持者となっていた。彼は、ジェダイは銀河同盟の利益のために活動しなければならないと信じていた。第二次銀河内戦が始まると、ハムナーは他のジェダイたちとともに、グランド・マスタールーク・スカイウォーカーが設立したジェダイ連合に加わり、シスが支配する銀河同盟政府に対抗した。大戦が終結してから2後の43 ABY、銀河同盟元首ナタシ・ダーラがルーク・スカイウォーカーに戦争責任を押し付けて追放刑に処した後、ハムナーがジェダイ・オーダーのグランド・マスターに昇格した。

オーダーとダーラ率いる銀河同盟政府の関係が悪化した時期、評議会メンバーや主要なジェダイたちがハムナーのリーダーシップに不満を持ったため、彼がグランド・マスターの称号を保持できた期間は短いものだった。ハムナーは、銀河同盟やダーラに対して比較的寛大な姿勢で対処していた。しかし、他のマスターたちは(ダーラの命令でジェダイ・テンプル包囲された際には特に)より積極的な立場をとるべきだと主張していた。44 ABY、評議会はハムナーがコルサントにおける危機に十分に対処しきれていないと考え、彼を降格させた。好戦的なジェダイの一派を率いるマスター・サーバ・セバタインが、失われたシスの部族と戦うルーク・スカイウォーカーを助けるためステルスXスターファイターでコルサントを離れようとしたとき、この行動が背信行為にあたると考えたハムナーは、彼女に戦いを挑んだ。対決の結果ハムナーは命を落とし、スカイウォーカーが帰還するまでセバタインがグランド・マスターを務めることになった。

経歴

未編集

制作の舞台裏

ケンス・ハムナーは、ジェームズ・ルシーノによるニュー・ジェダイ・オーダー・シリーズの小説、『ジェダイの失墜』で初めて登場した。このキャラクターは同シリーズではあまり大きな役目を果たさなかったが、続くFate of the Jedi(未邦訳)シリーズではジェダイのグランド・マスターになった。シリーズ6作目『Vortex』で彼の死が描かれた。

登場作品

脚注

  1. カタカナ表記は『キリック戦争』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki