FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ケルミア[1](Quermia)はケルミアンの出身惑星である。ケルミアはジムの帝国が崩壊するまで、その一部だった。ケルミアはパーレミアン・トレード・ルートの端に位置した。

インデクタ時代のあいだの17,000 BBYごろ、遺伝子の実験を行うため、アーカニアンゼクストの被験者をケルミアへと連れてきた。これらのゼクストから、ケルミアンが生み出された。その後アーカニアンはケルミアを去り、やがて惑星の位置は忘れられた。6,950 BBY銀河共和国はケルミアを再発見し、百年の闇の終わりごろの6,900 BBYに惑星は共和国に加盟した。ジェダイ内戦のあいだ、ケルミアはシス帝国に加わったが、ダース・マラックの死後共和国に戻った。ケルミアはクローン大戦分離主義勢力を支持した。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ キャラクター事典』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。