FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ケトウォール[1](Ketwol)は男性パシスヒップである。0 BBYルーク・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービチャルマンの宇宙港カンティーナを訪れたとき、ケトウォールも店内にいた。

経歴

ケトウォールは小惑星の採鉱および探鉱業者であり、ぼろぼろの貨物船ハード・マザー>に載って銀河系各地を旅していた。ほかのパシスヒップと同様に、ケトウォールの脚はとても短く、ほとんどのヒューマノイド種族と同じだけの背丈にするためにロボット義足を使っていた。

ケトウォールは感じの良い性格だったが、独り身のままだった。そんな彼だが、カンティーナでつるんだ相手をいらつかせることもあった。彼は平和的だったが、ローブに小型のブラスターを隠し持っており、優れた腕前だった。彼はタトゥイーンモス・アイズリースウィルヤ・コレイという女性と親しくなり、彼女が人生をやり直す手伝いをした。

銀河帝国の敵対者のひとりであるケトウォールは、反乱同盟にモノや情報を提供していた。帝国がモス・アイズリーを侵略した日、彼は反乱軍アンカーヘッド基地へと向かう、帝国のスパイガリンダンが率いるサンドトルーパー部隊を退却させることに成功した。

未確認の小惑星帯で採鉱活動をしていたとき、TIEファイター1機が隠れている反乱軍兵士を探すためにやってきた。ケトウォールは機雷フィールドを作動することで攻撃者を破壊した。

制作の舞台裏

Ketwol24

身長を伸ばすため義足をつけたケトウォール

ケトウォールは1997年の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の特別編で、ラック・シヴラックの代わりに登場したキャラクターである。ケトウォールのマスクは、前後逆にすることでサーカンメラスという別のキャラクターにも使われている。

ホウィー・ウィードがケトウォールとメラスの両キャラクターを演じた。

スター・ウォーズの映画作中でケトウォールの機会の義足は確認できない。ハスブロ社が発売したアクション・フィギュアによって初めて、彼が義足をつけていることが明らかになった。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki