FANDOM


「自分で決めればいい。盗んだライトセーバーを、他のガラクタ同様、みやげものとして飾っておくか。おれに返して一緒に行くかだ」
エズラ・ブリッジャーに対し、ケイナン・ジャラス[出典]

ケイナン・ジャラスのライトセーバー(Kanan Jarrus's lightsaber)はジェダイ・オーダー壊滅を生き延びたパダワンケイナン・ジャラスが所有したライトセーバーである。2つの部品から成り、青いブレードを放出した。

特徴

ケイナン・ジャラスが作成したライトセーバーはブレードの長さを調整することができた。帝国時代、ジャラスはジェダイであることを秘密にするためライトセーバーを隠していた。敵にライトセーバーと悟られないよう、ジャラスはこの武器を2つのパーツに分けて持ち歩いていた。握りの部分を含むメイン・パーツはベルトの背中側に、刃を放出する先端部分は左側に備え付けていた。先端部分を本体に挿入し、捻って固定するだけですぐに使うことができた。

歴史

Kanan Jarrus

ライトセーバーを起動したジャラス

パダワン時代、ケイレブ・デュームという名前だったジャラスは、ジェダイ・マスターデパ・ビラバに師事し、自分のライトセーバーを組み立てた。クローン戦争が終結した際、デュームはオーダー66を生き延びて姿を隠した。当初、彼はジェイナス・カスミア宇宙船カスミリ>の船室で生活した。デュームはケイナン・ジャラスと名前を変え、ジェダイの服を捨てたが、ライトセーバーは隠し持っていた。彼はどこへ行くにもジェダイの武器を携帯していたが、人に見せないようにしていた。

ジェダイ・オーダーの崩壊から14年後、ケイナン・ジャラスは<ゴースト>のクルーと共に反乱者として活動していたが、銀河帝国との戦いでライトセーバーを使わないようにしていた。彼はライトセーバーを船室に隠していたが、ロザルの孤児エズラ・ブリッジャーに発見された。その後、惑星ケッセルスパイス鉱山ウーキー奴隷救出した際、ジャラスは仲間が逃げる時間を稼ぐため帝国軍の前でライトセーバーを起動し、フォームVの戦闘型でブラスターの銃撃を偏向した。帝国保安局エージェントアレクサンドル・カラスはライトセーバーを使う反乱者の情報をジェダイ・ハンター大尋問官に報告した。その後、エズラ・ブリッジャーは<ゴースト>のメンバーと別れる直前にジャラスのライトセーバーを盗み出した。ジャラスは少年のを訪れ、ジェダイの訓練を受けたければライトセーバーを返して<ゴースト>に戻るよう告げた。ブリッジャーはジャラスの言葉に従い、ジェダイの道を歩むことになった。

スティジョン・プライムスパイア刑務所で大尋問官と対決した際、ジャラスはビラバから教わったフォームIIIの戦闘型を使った。フォート・アナクセスで2度目の対決に臨んだ際、ジャラスはフォースの攻撃を食らって失神し、ブリッジャーが彼のライトセーバーを手に取ったが、すぐに奪い取られてしまった。スター・デストロイヤーソヴリン>における最後の対決では、ライトセーバーを大尋問官に取り上げられていたため、ブリッジャーのライトセーバーを借りて戦うことになった。ブリッジャーは大尋問官からジャラスのライトセーバーを取り戻し、2対1の対決を繰り広げた。ブリッジャーが倒されると、ジャラスは自分のライトセーバーをフォースで手元に引き寄せ、ジャーカイ二刀流戦闘型で戦い勝利を収めた。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。