FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「私はマスター・オビ=ワン・ケノービ。残念な報告だ。帝国の邪悪な暗闇に、我々ジェダイも共和国も飲み込まれてしまった。これは粛清を生き延びたジェダイへの警告と励ましだ。フォースを……信じよ」
―ホロクロンに記録されたオビ=ワン・ケノービの言葉[出典]

このホロクロンは、ケイナン・ジャラスジェダイパダワンだった頃にマスターデパ・ビラバから与えられた物である。オーダー66を生きのびたジャラスは、マスター・オビ=ワン・ケノービから届いたメッセージをこのホロクロンに記録した。

歴史

オーダー66

ヤヴィンの戦いの19年前に行われたカラー戦いの後、ジェダイ・マスターデパ・ビラバは14歳の弟子ケイレブ・デュームホロクロンを与えた。ビラバは弟子に、ホロクロンを使って疑問を持つことの意味やジェダイ・オーダー内部における意見の平和的対立について学ぶよう言い渡した。

デュームがホロクロンを受け取った直後、銀河系各地のクローン・トルーパーオーダー66の指令が下され、ビラバは弟子を守るために命を落とした。奇襲を生きのびたデュームは“ケイナン・ジャラス”と名を変え、フォース感知能力を隠しながら生きていくことになったが、ライトセーバーとホロクロンは捨てずに保管しつづけた。オーダー66発令後、ジャラスはマスター・オビ=ワン・ケノービからホログラム・メッセージを受け取った。ケノービはジェダイの生存者に銀河帝国の台頭とジェダイ・オーダーの壊滅を報せ、ジェダイ・テンプルから離れて姿を隠すよう指示した。ジャラスはこのメッセージをホロクロンにコピーした。また、彼のホロクロンには銀河各地に点在するジェダイ寺院のマップも内蔵されていた。

帝国時代

ジェダイ・オーダーの崩壊から14年後、ジャラスは<ゴースト>のクルーと共に反乱者として活動していた。この年、ロザルの孤児エズラ・ブリッジャーが<ゴースト>に乗り込み、フォースの直観に導かれてジャラスのホロクロンとライトセーバーを発見した。その後、ブリッジャーはフォースを使いホロクロンの起動に成功する。ブリッジャーにフォースの素質があることを知ったジャラスは、この少年にジェダイになるチャンスを与えた。

フォート・アナクセス大尋問官と戦った際、ブリッジャーは意図せずフォースのダークサイドの力を使用した。ブリッジャーが本当にジェダイになる資格を備えているのか確かめる必要があると判断したジャラスは、ホロクロンに内蔵された銀河マップでジェダイ寺院を探し、ロザルにも弟子をテストするための寺院が存在することを知った。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。