FANDOM


ケイド・スカイウォーカー[1]Cade Skywalker)は人間の男性で、賞金稼ぎ密輸業者海賊。それより前にはジェダイパダワンとしてウルフ・サゼンの修行を受けていた。ジェダイ・マスターコル・スカイウォーカーニーナ・カリクスト(モーリガン・コードとしても知られる)の息子で、先祖にはルークアナキン・スカイウォーカーがいる。また、ケイドはナト・スカイウォーカー(“バンサ”・ロークとしても知られる)とその妻ドルー・ロークの甥で、ギャン・イェイジの異母兄弟。そしてアーナスキートミカ・ロークの従兄弟(ただし、彼らはローク家の養子なので直接血のつながりはない)にあたる。

ケイドはジェダイとして惑星オッサスで父親に育て上げられたが、父親がワン・シスたちの手で殺される瞬間を目の当たりにしたケイドは、自分が継承すべき遺産から目をそむけてしまった。そして彼は賞金稼ぎ、海賊としての道を歩み、ジャリア・シンデリア・ブルーとともにアウター・リム・テリトリーを巡った。しかし、彼の存在と独特のフォースの力は、シス卿ダース・クレイトによって発見され、ケイドはいやいやながら銀河系の事件の渦中へと飲み込まれていった。当時シスと追放されたローン・フェル皇帝の政権争いに巻き込まれ、ケイドは自分が解放されるなら何でもすると臨むようになった。

シスによって捕らえられた後、脱出を果たしたケイドは幼馴染の恋人で、インペリアル・ナイトアズリン・レイとの再会を果たした。彼らは一緒に任務に参加し、そこでダース・クレイトの死を目撃する。だが、裏切り者のクレイトの補佐官は、この事実を秘密のままにしようとたくらみ、自分自信をクレイトの帝国における摂政の位に就けた。アズリンの命を救った後、彼女の希望に応えず、ふたりの関係はばらばらになった。彼の行動を阻害する出来事が頻繁に起こるのに怒ったケイドは惑星タトゥイーンに飛び立つ。そこで彼はブラック・サンの積み荷へ強盗を働き始めた。こうした行為は彼の母と異母兄弟ギャン・イェイジの注意を引く結果になる。

タトゥイーンを去った後、ケイドとその乗組員たちはオッサス計画の実行場所となる惑星ウェイランドの回収任務を引き受けた。しかし彼は新しいシスの生物兵器を作り上げようとしていたダース・マラディと出会う。ブルーがこの兵器を注入されてしまい、ケイドは彼女を癒そうとしたが無駄に終わった。ケイドを追跡してウェイランドに来たウルフ・サゼンは、彼にブルーを癒すためにフォースのライトサイドの力を使うよう説得する。ケイドがそのようにすると、彼女の治癒は成功した。この出来事の結果、ケイドはとうとうフォースのダークサイドを拒絶したが、かといってジェダイ・オーダーに再び加わろうともしなかった。フォースを信じる気持ちは、ワン・シスを破滅させるという運命を彼にもたらしたのである。また、彼は本物のマンダロリアン・アーマーの胸部プレートに、かつてのダース・ヴェイダーのものとよく似たズボンを着用していた。

登場作品

  • Star Wars Miniatures: Legacy of the Force ad (非正史扱い)
  • Star Wars Knights of the Old Republic 25: Vector, Part 1 (ヴィジョンの中に登場)
  • Star Wars: Legacy 8: Allies
  • Star Wars: Legacy: Broken (初登場)
  • Star Wars: Legacy: Trust Issues ホログラムでの登場)
  • Star Wars: Legacy: Ghosts
  • Star Wars: Legacy: Claws of the Dragon
  • Star Wars: Legacy 22: The Wrath of the Dragon (言及のみ)
  • Star Wars: Legacy: Loyalties
  • Star Wars: Legacy: The Hidden Temple
  • Star Wars: Legacy 27: Into the Core (言及のみ)
  • Star Wars: Legacy: Vector
  • Star Wars: Legacy: Storms
  • Star Wars: Legacy: Tatooine
  • Star Wars: Legacy 42: Divided Loyalties (言及のみ)
  • Star Wars: Legacy: Monster
  • Star Wars: Legacy 48: Extremes, Part 1
  • Star Wars: Legacy 49: Extremes, Part 2
  • Star Wars: Legacy 50: Extremes, Part 3

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki