FANDOM


「ケイト・ニモーディアの一件は勘定に入れるな」
オビ=ワン・ケノービ[出典]

ケイト・ニモーディア(Cato Neimoidia)は銀河系コロニーズ領域、ケラー宙域ケイト・ニモーディア星系に属した裕福な惑星ニモーディアン種族によって植民された“資産惑星”の1つで、トレード・フェデレーションの本部が置かれていた。ケイト・ニモーディアの大気圏は白い霧に包まれており、高くそびえたつ岩山のあいだに有名な橋上都市が架けられていた。ケイト・ニモーディアはクローン戦争の戦場になり、銀河共和国独立星系連合の争いが繰り広げられた。

特徴

CNCityBridges-SS

ケイト・ニモーディアの橋上都市

惑星ケイト・ニモーディアは銀河系コロニーズ領域、ケラー宙域ケイト・ニモーディア星系に属した。荒々しい間欠泉の噴き出すの底から巨大な岩のアーチがそびえたっており、白い霧に包まれた地表には峡谷、崖、草原といった多彩な地形が広がっていた。ニモーディアン種族によって植民されたケイト・ニモーディアは、トレード・フェデレーションの支配下に置かれた裕福な“資産惑星”だった。岩山のあいだに架けられた有名な橋上都市や豪華絢爛な宮殿は、トレード・フェデレーションの男爵たちの誇りであり喜びだった。他人より一枚上手に出ないと気が済まない彼らは、ケイト・ニモーディアの訪問者を仰々しく持てなし、贅沢な暮らしぶりを見せつけた。

登場作品

参考資料

脚注

他言語版