FANDOM


「これは私が望んだことじゃないわ。私は故郷や家族から力ずくで引き離されたのよ。あなたにはそれがどういうことか、どうせわからないでしょう?」
プルーマ・ソーディ[出典]

ケイジ(Kage)はクリスタル惑星クォーザイト出身の近人間知覚種族。ケイジは運動能力が高く、ケイジ・ウォリアーと呼ばれる優れた戦士団が存在した。ケイジはクォーザイトを支配する専制的なベルーガン種族と対立しており、惑星の地下に広がる洞窟内で争いを繰り広げていた。クローン戦争中、ケイジの一部は独立星系連合の軍人として活躍した。

生態と特徴

ケイジは惑星クォーザイト出身の知覚種族で、蒼白な肌と輝く目を除けば人間とほとんど変わらなかった。彼らの目は暗闇で金色や緑、ピンクに光り、髪の毛の色は黒やブロンドだった。

社会と文化

ケイジは勇敢でかつ献身的な種族で、優れた身体能力を備えていた。彼らは同じ惑星に住むベルーガン種族と対立していた。ベルーガンは卓越したテクノロジーと財産を持っていたが、ケイジは疲れを知らない優秀な戦士の集団“ケイジ・ウォリアー”を形成し、ベルーガンに対抗した。彼らはエレクトロ・ソードを装備し、巨大なムカデに似たミロドンを乗りこなした。

歴史

クローン戦争中、ケイジのプルーマ・ソーディはベルーガンによって誘拐され、クォーザイトの支配者であるオチュア・ブランクとの結婚を迫られた。プルーマはサブトラムに乗せられ、オチュア・ブランクの砦へ運ばれたが、彼女の兄であるクリズモー・ソーディがケイジ・ウォリアーを率いて列車を襲撃する。彼らは賞金稼ぎアサージ・ヴェントレスに敗北したが、ヴェントレスはケイジと取り引きし、礼金を受け取ってソーディ兄妹を解放した。

登場エピソード

参考資料

他言語版