FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
「シールドが消えた。デス・スターへの作戦開始」
「了解。レッド・グループ、ゴールド・グループ、俺に続け」
―サンテージたち戦闘機パイロットにデス・スター攻撃を指示するアクバー提督とランド・カルリジアン将軍[出典]

ケア・サンテージ[1](Keir Santage)は、共和国再建のための同盟スターファイター部隊に所属した人間男性である。銀河帝国の捕虜収容所から救出された後、サンテージは同盟軍のエリート・スターファイター部隊、ローグ中隊に加わった。ウェッジ・アンティリーズ指揮のもと、サンテージはローグ7コールサインを使って活動した。サンテージはT-65 Xウイング・スターファイターに乗り込み、フォンドア造船所に対するいくつかの任務に参加し、しばしば同盟軍の軍需品供給司令部と密接に行動した。

4 ABY、サンデージは他のローグ中隊隊員とともに、エンドア森の月軌道に位置する第2デス・スターを攻撃するため、サラスト星系に集結する同盟軍艦隊に加わった。司令官のアンティリーズは、ヤヴィン初代デス・スター戦った部隊、レッド中隊に敬意を表し、一時的にローグをレッド中隊に改名した。そのため、サンテージもレッド7として任務に臨んだ。サンテージは少数の反乱軍パイロットとともに、リアクター・コアを破壊するためにデス・スターの内部に潜り込んだ。反乱軍の戦闘機フォーメーションのしんがりを務めたサンテージのXウイングは、追跡してきたTIEファイターレーザー砲によって撃ち落とされ、戦闘機の爆発と共に彼は命を落とした。

経歴

初期の任務

Red 7

サンテージのXウイング

人間男性、ケア・サンテージは、ローグ中隊司令官ウェッジ・アンティリーズによって、銀河帝国の捕虜収容所から救出された。その後、彼は共和国再建のための同盟スターファイター部隊に加わる。パイロットとしての才能があった彼は、T-65 Xウイング・スターファイターに乗って活動した。ローグ中隊に配属された彼は、ローグ7コールサインを与えられ、フォンドアにある帝国の造船所に対する12回にわたる攻撃に参加した。サンテージは、同盟軍の軍需品調達組織と密接に活動した。

4 ABY当時、サンテージとローグ中隊はサラスト星系に集結した同盟軍艦隊に加わっていた。彼らは、銀河帝国の宇宙ステーション第2デス・スターに対する攻撃に備えていた。ボサンスパイから、銀河皇帝パルパティーンがこのバトルステーション建造の最終段階を視察に訪れるという情報を入手していた同盟軍の司令部は、攻撃を成功させてデス・スターと同時にパルパティーンも葬るつもりだった。

エンドアの戦い

中隊の中でベテランのパイロットとなっていたサンテージは、アンティリーズ司令官が開いた、デス・スター破壊についての戦闘計画のブリーフィングに参加した。ヤヴィンの戦い初代デス・スターを破ったレッド中隊に敬意を示すため、ローグ中隊は一時的にレッド中隊を名乗ることになった。そのため、サンテージも来たるべき戦いでレッド7コールサインを使うことになった。同盟軍は、完成間近の第2デス・スターの内部に戦闘機で侵入し、メイン・リアクターを破壊する作戦を立てた。それによって生じる連鎖反応で、超兵器全体が破壊されるはずだった。レッド中隊とゴールド中隊は、リアクターを攻撃する任務を与えられる。

エンドア星系に到着した同盟軍艦隊は、偏向シールドエンドア森の月にある帝国施設でつくり出され、建造中のデス・スターを覆っていた)がハン・ソロ将軍率いる攻撃チームによって既に無効化されていると予期していた。しかしシールドはまだバトルステーションを守っていたばかりか、同盟軍艦隊はスター・ドレッドノートエグゼクター>が率いる帝国艦隊との交戦を余儀なくされた。この戦いは、同盟軍を一網打尽にするため、パルパティーンが慎重に計画した罠だったのである。レッド中隊は、新型のAウイングBウイング・スターファイターよりも優れた戦績を残した。レッド中隊は多くの敵機を撃墜し、他の部隊と比較して犠牲者も少なく、損傷もわずかだった。

Keir Santage

サンテージの死

最終的に、ソロ将軍のチームはシールド発生装置の破壊に成功し、反乱同盟軍はデス・スターへの攻撃作戦を遂行することが可能になった。ゴールド・リーダーのコールサインを使うランド・カルリジアン将軍は、<ミレニアム・ファルコン>を飛ばして戦闘機部隊を先導した。カルリジアンはレッド中隊とゴールド中隊に、リアクターへの攻撃を始めるよう命じた。サンテージもレッド・リーダーのアンティリーズやグレイ・リーダーホートン・ソーム大佐グリーン中隊タイコ・ソークージェイク・ファーレルらとともに、カルリジアンの攻撃に加わった。バトルステーションの表面を飛行し、ターボレーザーの攻撃をかわしたサンテージは、アクセス・シャフトを通じてデス・スターの内部に入り込み、同盟軍戦闘機フォーメーションの後部ポジションについた。サンテージらがメイン・リアクターに達する前に破壊しようと、TIEファイターTIEインターセプターもシャフトを通過した。カルリジアンは狭いリアクター・シャフトを飛行しながら、リアクター・コアに達するため最も強力なパワー・ソースをロックするよう指示した。サンテージはシャフト内の障害物をうまくかわしたが、敵機に捕捉されてしまい、彼のXウイングは先頭のTIEファイターが放ったレーザーに被弾した。戦闘機の破壊とともに、サンテージは命を落とした。彼のを受け、カルリジアンは二手に分かれるよう指示し、一方に攻撃を中止して、追跡してくる敵機を引き連れてデス・スターから出るよう命令した。ソークーとソーム、ファーレルがこの指示に従い、追跡してくる帝国戦闘機の半分を、カルリジアンとアンティリーズから引き離した。その後、彼らはデス・スターの破壊に成功した。

個性と特徴

ケア・サンテージは、茶色の髪を持ち、口髭を生やした白人の人間である。優れたパイロットだと考えられていたサンテージは、同盟軍のエリート・スターファイター中隊、ローグ中隊に配属され、ウェッジ・アンティリーズといった有名なパイロットたちとともに活動した。エンドアの戦いでサンテージは命令に忠実に従い、同盟軍の作戦通り、バトルステーションのリアクター・コアを破壊するため第2デス・スターの内部に潜入したが、戦闘機を撃墜されて戦死した。

制作の舞台裏

ケア・サンテージは、エンドアの戦いの場面に登場する同盟軍のパイロットのひとりとして、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場した。劇中で彼の名前は語られず、短い登場シーンの中で彼はTIEスターファイターに撃墜され、命を落とした。2000年デサイファーから発売された『Star Wars Customizable Card Game』の拡張版、『Death Star II Limited』で、このキャラクターの名前と、彼がローグ中隊隊員で、エンドアではレッド7として飛行していたという設定が明かされた。2008年の『The Complete Star Wars Encyclopedia』では、ローグ中隊の活動で彼がローグ7のコールサインを使っていたという設定が追加された。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki