FANDOM


グーピン[1](Gupin)は森の月エンドアに移住していた変身種族

生態

グーピン族は生まれたときは小さく、オレンジ色の髪の毛と羽を持ち、ぼろぼろの衣服をまとっていたヒューマノイド型の種族である。彼らのシェイプシフト(変身)能力は大掛かりなものであり、巨大な、あるいは小さな生き物にまで姿を変えることが可能だった。しかし、グーピンたちは変身するために、他の人々にその姿を思い描いてもらう必要があった。テレパシーを通じ、グーピンは相手の想像に従って自分たちの体を変えたのである。

歴史

グーピンたちの故郷は銀河系全体への謎であったが、マンクスケット教授はこの種族のシェイプシフト能力が“極度な環境ストレス”に対応して発展していったものだと信じていた。<スターハンター・デルバ>に乗っていたグーピンたちのあるグループは、森の衛星エンドアへと墜落した。グーピンの搭乗者たちはこの衛星のサルマの砂漠の端の付近にある、火山地帯の広大な草原へコロニーをつくりあげる。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』に基づく。
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki