FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

グンガン[1](Gungan)は巨大な気泡状のドームの中で生活を営むエイリアン種族。惑星ナブーの湖沼地帯に住み、ナブーの衛星であるオーマ=ダンにも移り住んだ。彼らは水陸両方での生活に適しており、泳ぐのに必要な強力な足の筋肉を持っていた。手の指は4本で、足の指は短く、3本である。グンガンの女性と男性の間に、目立った違いはほとんどない。女性は比較的つややかな肌で、男性と比べやや小柄というぐらいである。

グンガンはナブーの沼で軟体動物やより小さな両生類を食べるための、長く丈夫な舌を持っている。彼らの歯は大きくて尖っておらず、貝を割るのに適している。また、複合ハイ組織によって水中での呼吸が可能であり、彼らが水中を移動する際、その鼻の穴は完全に閉じることが出来る。

グンガンは独自のテクノロジーを発展させてきた。祖先からの秘伝の技術を使って“培養”した建造物や乗り物の基本構造に、腕利きの職人たちを使ってグンガン独自の有機的なスタイルを仕上げたのだ。グンガンのテクノロジーは非常に流動的であり、その外観に直線的なものはない。

グンガンの使うテクノロジーの動力源は、ナブーの海洋の奥深くにある“グー”という神秘的な青白いエネルギーである。このエネルギーはグンガンたちの使う兵器類にも使用されている。

歴史

グンガンの歴史

惑星ナブーに生息する両生種族グンガンは、遙か昔に地上のナブー人と衝突して以来、他の文明と隔絶し、独自の文明を築いてきた。オータ・グンガに代表される水中都市に居を構え、意外に高度なテクノロジーを持つ。種族間の絆は強く、自分たちを大きな家族と考え、その家族は大自然の一部であるととらえている。自然を崇拝し、家、乗り物、動力源、その他全てが自然と調和して育ち、働くと考えている。

ナブー人との関わり

ナブー人も自然を尊ぶ哲学を持っているが、グンガンの民はナブー社会がもたらす汚染を非難していた。ナブー人はかつて燃焼機関を利用していた頃もあった。また、グンガンは自分たち両生生物に対して優越感を抱くナブー人の態度に傷つき、ナブー人の事を冷たく、欲深い人々と思っていた。また、グンガンは、独自の常備軍を持っていた。オビー・シー・キラーコロ・クロー・フィッシュ等の巨大生物から身を守り、撃退するための物であったのだが、平和を愛し、少数の義勇軍以外、軍を持たないナブー人は、こういったグンガンの慣習を嫌っていた。

グンガンの社会

グンガン人は義務と正義、慣習と儀式を重んじ、個人の利より社会の利を優先させるべきだと信じる、誇り高い種族だった。厳しい社会であるが、寛容さも兼ね備え、基礎教育を施し、適材適所に配すれば、誰もが社会の役に立てると信じている。大多数のグンガンは、実りの多い、満足のいく仕事を得て、個人の役割と社会の役割を両立させている。

グンガンの聖地

通常、群眼は水中都市に住んでいるが、時折地表に出て、隠れたグンガンの聖地を訪れる。

グンガンの沼地

グンガンの秘密の場所

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。