FANDOM


グロフ・ホッグ[1](Groff Haugg)は名称不明の種族に属した男性で、ホッグ・ナーフ工業社のオーナーだった。彼は表向きはナーフの精工場を経営していたが、裏ではデス・スティックのビジネスに関わっていた。32 BBY賞金稼ぎモントロスによって殺された。

経歴

グロフ・ホッグは、ナブーの侵略が行われた頃、銀河系首都惑星コルサント工業区画ホッグ・ナーフ工業社を営んでいた。この企業はナーフの肉の加工を行っていたが、その裏でデス・スティックの製造も行っていた。彼がつくるデス・スティックには、使用したものを奴隷に変えてしまうバンド・ゴラニューロトキシンが含まれていた。彼は銀河系の各地にこのカーボナイト冷凍した肉を発送しつつ、これらのデス・スティックをばらまいていたのである。32 BBY、バンド・ゴラのリーダー、コマリ・ヴォサの情報を求め、複数の賞金稼ぎが動き出した。そのうちのひとり、マンダロリアンモントロスは、手掛かりを探ってホッグに行き当たり、彼を拷問した末、カーボナイト冷凍して殺害した。しかしモントロスよりもバンド・ゴラによる報復を恐れていたグロフ・ホッグは、死ぬ前にウソの情報を口にしていた。その後、遅れて駆けつけた賞金稼ぎのジャンゴ・フェットは、凍結されたホッグの死体の周囲でモントロスと対決した。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ ジャンゴ・フェット』による。
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki