FANDOM


この記事は帝国軍少佐を扱っています。 あなたが探しているのは彼のクローンかもしれません。
「ティアス少佐は帝国軍で最も優れたストームトルーパーのひとりだった。彼は異例の速さで隊長に昇進し、若干二四歳にしてパルパティーンのロイヤル・ガードに選ばれた。皇帝の勅令に対する彼の忠誠は、誰にもひけをとらなかった」
ギラッド・ペレオン[出典]

グロディン・ティアス[1]Grodin Tierce)は人間男性で、銀河帝国に仕えたロイヤル・ガードである。TR-889という識別番号のストームトルーパーだったティアスは、帝国軍少佐として、スローン大提督軍事作戦に参加した。優れた司令官をつくり出すプロジェクトの一環として、大提督はティアスのクローンを作った。ティアスはジェナリスの戦いで戦死し、彼のクローンはその後カーマス・ドキュメント危機新共和国インペリアル・レムナント双方を脅かした。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『未来への展望』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。