FANDOM


「なんでこんなところに基地を設けたんだろうね? 嘘、パントラの書記長が基地建設を要請したっていうの? なんで?」
R2-D2と会話するC-3PO[出典]

グリッド・ステーション(Glid Station)は銀河共和国パントランの要請を受けてオルトー・プルトニアに設置した軍事施設である。22 BBY、先住民タルズの襲撃を受け、基地に配置されていたクローン・トルーパーは全滅する。

歴史

クローン戦争の初期、衛星パントラパントラン議会は、最寄りの惑星オルトー・プルトニアに軍事施設を設置するよう銀河共和国に求めた。彼らはこの惑星を自分たちの領土と主張しており、基地を設置して独立星系連合の侵略を警戒しようと考えていたのである。共和国グランド・アーミーパントランの要請に応え、グリッド・ステーションを建造する。しかし、グリッド・ステーションはパントランや共和国がその存在を認知していなかった先住民、タルズ部族による襲撃を受け、壊滅する。

グリッド・ステーションとの連絡が途絶えた後、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーマスターオビ=ワン・ケノービ、パントランのチー・チョー書記長リヨ・チューチー元老院議員が調査のためオルトー・プルトニアを訪れた。調査を終えた後、彼らはグリッド・ステーションを再稼働し、寒冷地用CK-6スウープ・バイクの調整を行った。その後、2人のジェダイは近くにあった分離主義者の基地も同様に壊滅していることに気づき、この星に先住民がいたことを知る。パントランとタルズは一時的な戦争状態に陥ったが、ひとたび和平が実現すると、共和国とパントランはグリッド・ステーションを放棄してオルトー・プルトニアを去った。

登場作品

Glid Station

基地のハンガー

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。