FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

グリッズ・フリックス[1](Grizz Frix)は共和国再建のための同盟スターファイター・パイロット。惑星デヴァロン出身の人間男性。フリックスはデヴァロンにおける人間の人口がまだ少数派だったときに、とても公平とは言えない環境の中で育った。パルパティーンの統治下において、よりよい生活は望めない。そんな中で、フリックスはエアスピーダーの操縦に楽しみを見出すようになった。彼はやがて"理性への呼びかけ"や反乱宣言を読み、当時の体制に立ち向かった共和国再建のための同盟への参加の熱意を奮い立たせる。フリックスはその操縦の腕前で同盟軍の新兵採用者に深い感銘を与え、MC60スター・クルーザー・タイプIインディペンデンス>へと配属された。フリックスはいつかローグ中隊のメンバーになるだろうと考えられていたルーキーだったが、ジェラードVの事故が彼に心理的な傷を残し、彼の中隊入りは見送られてしまった。

フリックスは難民輸送船と肥料輸送船をエスコートする同盟軍支援部へと割り当てられた。そんな中彼は、他のパイロットたちの英雄的な逸話、評判を耳にすることになる。理想主義的な男だった彼も、いつしか硬く皮肉な人間になってしまった。だがエンドアの戦いが迫ると、同盟軍は緊急に多くのパイロットが必要となった。このチャンスの到来で、フリックスは現役に戻ることになる。彼はT-65 Xウイング・スターファイターを操縦してエンドア上空の第2デス・スター攻撃に参加する。戦闘中、付近を飛行していたインペリアル級スター・デストロイヤーのセンサー球の爆発によって、フリックスは突然命を落とすことになった。

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki