FANDOM


「グアヴィアン・デス・ギャング。ナントゥーンからつけて来たのか」
―ハン・ソロ[出典]

グアヴィアン・デス・ギャング(Guavian Death Gang)はエンドアの戦いのおよそ30後に活動した犯罪組織である。銀河系裏社会の抗争中にコア・ワールドから追い出されたグアヴィアンは、アウター・リム・テリトリーを根城にするカンジクラブとライバル関係にあった。赤い耐衝撃性装甲服に身を包んだグアヴィアン・デス・ギャングの兵士は組織の保安を担った。

概要

グアヴィアン・デス・ギャングは特徴的な赤い装甲服武装歩兵で知られた。サイバネティックスの改造を施されていたグアヴィアンの兵士たちは、機械貯蔵装置とポンプを使って血管に化学薬品を注入し、運動速度と攻撃性を高めていた。兵士たちは高周波データストリームを使って通信を取り合っていたため、戦闘中に声を出すことはなかった。[1]バラ=ティクはグアヴィアンのエージェントを務め、ビジネスの交渉を担当していた。[2]

歴史

裏社会の抗争中にコア・ワールドから追い出されたグアヴィアン・デス・ギャングは[1]アウター・リム・テリトリーを拠点にするカンジクラブとライバル関係にあった。しかし、彼らは密輸業者ハン・ソロから貸しを清算するため一時的に休戦することになった。[4]エンドアの戦いから30年が過ぎた当時、ソロはグアヴィアンに50,000クレジットの借金があった。[1] グアヴィアンとカンジクラブはソロの貨物船エラヴァナ>に乗り込んだが、ソロが運んでいた猛獣ラスターが解き放たれたことで、船内は混乱のるつぼと化した。[5]

登場作品

Gauvian Enforcer

グアヴィアン・デス・ギャングの兵士

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。