FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「おれたち全員が分離主義者だったわけではない」
―クーリヴァーの艦長[出典]

クーリヴァー(Koorivar)はウロコのある爬虫類のような肌と、頭の真ん中から生えた角が特徴的な近人間種族である。惑星クーリヴァに住んでいたが、故郷は別の星だった。コーポレート・アライアンスパッセル・アージェンテ監督官をはじめ、クーリヴァーの多くは分離主義勢力に参加したが、全てがドゥークー伯爵を支持していたわけではなかった。

生態と特徴

クーリヴァーは背の高い近人間種族で、頭部から角が生えていた。そのうち最も大きな1本は頭のてっぺんから螺旋を描いて上に伸びていた。また、クーリヴァーの眉と鼻には縞模様の筋が入っていた。

歴史

起源の惑星を失った後、クーリヴァーは別の惑星を新しい故郷に選び、クーリヴァと名づけた。クローン戦争中、クーリヴァーのパッセル・アージェンテ元老院議員独立星系連合に参加した。ゴッサムサイ・マイシアンと同様、クーリヴァーは分離主義勢力の種族として知られたが、必ずしもすべてがドゥークー伯爵を支持していたわけではなかった。政治的紛争地帯である衛星アンター4では、銀河共和国支持派のクーリヴァーたちが分離主義政府への抵抗運動に参加した。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。