FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

クワイ=ガン・ジン(Qui-Gon Jinn)は惑星コルサント出身の人間男性で、銀河共和国後期のジェダイ・マスターである。マスター・ドゥークーのもとで修行を積んだジンは、統合のフォースの黙想に没頭する他のマスターたちとは異なり、いまこの瞬間に生きて直観に従うという哲学のもと、生けるフォースを求道していた。ジェダイ・オーダー内で一匹狼のマスターとして知られていたジンは、しばしばジェダイ最高評議会と対立した。彼はオビ=ワン・ケノービパダワンとして訓練した。ナブー危機以前、ジンは後も永遠に意識を保つ術を学び始めた。

トレード・フェデレーションが惑星ナブーを封鎖した際、フィニス・ヴァローラム最高議長は問題を平和的に解決するためジンとケノービを現地へ派遣した。事件を影から操作していたシス卿ダース・シディアスの指示のもと、フェデレーションはジェダイの特使を抹殺しようとしたが、ジンとケノービは惑星の地上へ逃げ延びた。間もなく、フェデレーションはナブーの侵略を開始した。ジェダイはパドメ・アミダラ女王を救出して惑星から脱出し、宇宙船の修理のためタトゥイーンに立ち寄った。ジンはこの地で夥しいミディ=クロリアンを備えたアナキン・スカイウォーカーという名の奴隷の少年と出会った。この少年がジェダイの予言にある“選ばれし者”に違いないと信じたジンは、ポッドレースの賭けで彼を自由の身にした。

コルサントに戻った後、ジンはスカイウォーカーをジェダイとして訓練する許可を評議会に求めた。評議会は年齢を理由に不許可としたが、ジンは彼らの許しが無くてもスカイウォーカーを自分の弟子にするつもりだと言い張った。その後、ジンとケノービはアミダラ女王に同伴して再びナブーに戻り、フェデレーションから惑星を解放するために戦った。ジンはシスダース・モールとの対決で致命傷を負い、選ばれし者の訓練をケノービに託して息を引き取った。ナブーの戦いの後ジェダイ・ナイトに昇格したケノービは、師匠の遺言通りスカイウォーカーをパダワンにした。

クワイ=ガン・ジンは死後も霊体として意識を保ち、クローン戦争中にヨーダを教え導いた。ジェダイのグランド・マスターであるヨーダはジンの霊体から永遠の命の秘密を学んだ。ジェダイ・オーダーが壊滅した後、ケノービもまたジンから霊体化の術を教わった。ケノービはこの技術を使って次世代のジェダイであるルーク・スカイウォーカーに助言を与えた。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki