FANDOM


クローンZ-95スターファイター(Clone Z-95 starfighter)はインコム社サブプロ社が製造したスターファイターである。一般的なZ-95ヘッドハンターをもとに、共和国グランド・アーミークローン・トルーパー用戦闘機として製造された。

特徴

インコム社サブプロ社が共同開発したクローンZ-95スターファイターはZ-95ヘッドハンターの一種で、クローン・トルーパー用に製造されたスターファイターだった。全長16.74メートル、翼長18.13メートルで、翼端レーザー砲と魚雷発射装置で武装していた。クローンZ-95は重武装の攻撃型偵察機170スターファイターよりも細身で操作性が高かったが、操縦方法には類似点があった。そのため、多くのクローン・トルーパー・パイロットがどちらの戦闘機も操縦できるように訓練を受けていた。[1]

歴史

クローン戦争中、銀河共和国グランド・アーミークローン・トルーパーはZ-95ヘッドハンターを使用した。この戦闘機は時代遅れだったものの持久力や適応性に優れていた。多用途戦闘機だったZ-95には無数の変形種があり、共和国軍はクローン・トルーパー向けに特化したクローンZ-95スターファイターと呼ばれるモデルを大量生産した。クローンZ-95は銀河内戦で使用されたT-65B Xウイング・スターファイターの前身機のひとつだった。[1]

参考資料

脚注

共和国軍
グランド・アーミー 第7空挺兵団 - 第41精鋭兵団 - 第91機動偵察兵団 - 第327星間兵団 - 第104大隊 - 第212突撃大隊 - 第501軍団 - ゴースト中隊 - グリーン中隊 - トレント中隊 - タンゴ中隊 - ウルフパック - クローン・フォース99 - デルタ分隊
宇宙軍 オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊 - ブルー中隊 - ゴールド中隊 - シャドウ中隊 - クローン・フライト7
スターシップ ヴェネター級スター・デストロイヤー - アクラメイター級アサルト・シップ - リパブリック・フリゲート - ペルタ級フリゲート - アークワイテンズ級軽クルーザー - CR90コルベット - イータ級シャトル - T-6シャトル - ニュー級アタック・シャトル - シータ級T-2cシャトル - Vウイング - ARC-170 - クローンZ-95 - V-19トレント - Yウイング - デルタ7 - デルタ7B - イータ2
ビークル AT-TE - AT-OT - AT-RT - AT-AP - AV-7対ビークル砲 - BARCスピーダー - HAVw A6ジャガーノート - RX-200 - LAAT/i - LAAT/c - 自走重砲
クローン・トルーパー マーシャル・コマンダー - コマンダー - キャプテン - ルテナント - サージェント - ARC - ARF - BARC - コマンドー - ショック・トルーパー - スキューバ・トルーパー - ナビゲーション・オフィサー - パイロット - フレイムトルーパー - メディック - ライオット・トルーパー - 特殊作戦部隊
[テンプレート]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。