FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
類似した名称の記事はクローン戦争(曖昧さ回避)を参照
「もはや戦争に勝ち負けがあるのかも分からん。すでに多くの血が流れておる。この戦争に負けたも同然じゃ。じゃが、我々には道が残されておる。シスは知らない道じゃ。そこを通れば勝利を見出せるじゃろう。クローン戦争の勝利でなく、永遠の勝利をな」
ヨーダ[出典]

クローン戦争(Clone Wars)は、銀河共和国独立星系連合が繰り広げた銀河系規模の紛争である。共和国の終焉や銀河帝国誕生のきっかけとなった。最高議長シーヴ・パルパティーン(その正体はシスの暗黒卿ダース・シディアスだった)によって仕組まれたクローン戦争の真の意図は、共和国の支配権を完全掌握し、ジェダイ・オーダーを壊滅に追い込むことだった。共和国は、シスの陰謀によって生み出されたクローン軍団を利用し、ドゥークー伯爵グリーヴァス将軍の率いる分離主義勢力と戦った。戦争の終盤には、サヴァージ・オプレスの手で蘇ったシス卿ダース・モールが、マザー・タルジンの指示のもと、シャドウ・コレクティヴと呼ばれる組織を立ち上げて第三勢力として戦争に参加した。

前史

暗黒卿の陰謀

クローン戦争はジオノーシスの戦いヤヴィンの戦いの22前に発生)をきっかけに始まったが、戦争は10年以上前からシスの暗黒卿によって綿密に計画されていた陰謀だった。惑星ナブー出身の政治家シーヴ・パルパティーンは、シス卿ダース・シディアスとしての素性を隠し、銀河共和国の政界で着実に地位を築いていた。彼の究極的な目標は、仇敵であるジェダイ・オーダーを壊滅させ、共和国を解体してシスが支配する新政府を樹立することだった。クローン戦争の10年前、シス卿としてトレード・フェデレーションを味方に付けたシディアスは、ナブー危機を引き起こした。フェデレーションの敗北に終わったナブーの戦いの裏で、パルパティーンはフィニス・ヴァローラムを蹴落とし銀河元老院最高議長の座を手に入れた。[2][3][4]

共和国の指導者となったパルパティーンだったが、銀河系を完全に掌握するためには、より強大な権力を手にしてジェダイを排除する必要があった。パルパティーンと彼のシス・アプレンティスであるドゥークー伯爵は、銀河規模紛争の勃発を見越し、共和国のために戦う軍事力を用意した。元ジェダイ・マスターのドゥークーは、マスター・サイフォ=ディアスの暗殺を手配し、彼が進めていたクローン軍団製造事業を引き継いだ。ドゥークーは悪名高い賞金稼ぎジャンゴ・フェットを遺伝子提供者に選び、ボグデンで彼を雇った(遺伝子提供の条件として、フェットは彼自身のために純粋なクローンを1体製造するよう要求した)。また、ドゥークーはカミーノアンのクローン技術者にバイオ=チップを提供した。このチップにはクローン・プロトコル66が内蔵されており、将来、クローン兵士にジェダイ抹殺を命じる際に効果を発揮する予定になっていた。また、適切な時期が来るまでクローン軍の製造を秘密にしておくため、ジェダイ・テンプルアーカイブからクローン製造地であるカミーノの情報が抹消された。

分離主義危機

Blue Glass Arrow 詳細は分離主義危機を参照

ドゥークーは来たるべき戦争で共和国の敵対者となる分離主義勢力をひとまとめにした。ナブー危機以降、社会的不公平や貿易不公正が原因で、何百という宙域が共和国からの離脱を宣言し、局地的な小競り合いが日常茶飯事になっていた。そんな中、ジェダイ脱退以降歴史の表舞台から姿を消していたドゥークー伯爵が突如として姿を現し、ラクサス星系ホロネット基地を乗っ取って共和国を非難する扇動的スピーチを行った。その後、彼はライロスキャッシークサラストオンダロンといった星々で政情不安を煽った。共和国政府に不満を抱える無数の宙域がドゥークーの分離主義運動に加わった。ドゥークーはヤグデュルスルイス・ヴァンも味方につけ、銀河系の南部に分離主義者支配の土台を築き上げた。[1]

ドゥークーの分離主義運動は、共和国からの脱退を望む領域や企業から成る独立星系連合へと発展した。分離主義運動を脅威として捉えた共和国元老院では、軍隊創設法案に関する話し合いが始まった。ナブー危機の10年後、銀河規模の紛争が目前に迫る中、ドゥークー伯爵はトレード・フェデレーションのヴァイスロイヌート・ガンレイインターギャラクティック銀行グループサン・ヒル会長テクノ・ユニオンワット・タンバー監督者コマース・ギルドシュ・マーイ会頭コーポレート・アライアンスパッセル・アージェンテ監督官アクアリッシュポ・ヌードー議員、クオレンティッケス議員をアウター・リム・テリトリーの惑星ジオノーシスに集めた。ポグル・ザ・レッサーが支配するジオノーシスでは、連合のためにバトル・ドロイドが製造されていた。ドゥークーはこの会合で有力な企業の軍隊を味方につけ、分離主義勢力ドロイド軍が形成された。[3]

歴史

「ダークサイドの帳が下りた。始まったのじゃ、クローン戦争が」
―ヨーダ[出典]

ジオノーシスの戦い

Blue Glass Arrow 詳細はジオノーシスの戦いを参照
Clone Army Charge

ジオノーシスで初めて実戦に投入された共和国グランド・アーミー

分離主義者たちの会合は、ジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービによって盗み聞きされていた。ジャンゴ・フェットが関与したパドメ・アミダラ元老院議員暗殺未遂事件を調査していたケノービは、惑星カミーノでクローン軍団を発見し、フェットの<スレーヴI>を追跡してジオノーシスにたどり着いたのだった。ケノービはカミーノで製造されていたクローン軍の情報と、ドゥークー率いる分離主義派閥がドロイド軍を製造していたことをジェダイ最高評議会に報告したが、連合軍のバトル・ドロイドに発見され、捕えられた。間もなく、ケノービを救出するためにやって来たパダワンアナキン・スカイウォーカーとアミダラ議員も捕えられ、ペトラナキ・アリーナで処刑されることになった。[3]

分離主義勢力ドロイド軍の発見を受け、元老院でも共和国軍創設の動きが加速した。マス・アミダ副議長の言葉にそそのかされたジャー・ジャー・ビンクス準代表(アミダラ議員の代理を務めていた)が、パルパティーン最高議長に非常時大権を与えるべきだと提案し、元老院に承認されたのである。パルパティーンはこの権力を使って公式に共和国グランド・アーミーの創設を宣言し、カミーノで発見されたばかりのクローン・トルーパーを共和国の軍隊として採用することが決定された。これを受け、ジェダイ・マスターのメイス・ウィンドゥがケノービを救出するためジオノーシスへ、マスター・ヨーダがクローン軍団の助けを借りるためカミーノへ向かうことになった。[3]

ウィンドゥ率いる200名[5] のジェダイは、ジオノーシスの処刑アリーナで大量のB1バトル・ドロイドB2スーパー・バトル・ドロイドドロイデカと戦った。ジェダイはアリーナで大勢の犠牲者を出したが、ヨーダがクローンの援軍を連れて駆け付けたことで全滅は免れた。分離主義勢力は突如として現れた大軍を前に撤退を強いられた。ドゥークー伯爵はジオノーシスで作成が進められていた究極兵器設計図をポグル大公から受け取り、戦場から逃げ出そうとした。彼は秘密の格納庫でケノービやスカイウォーカーとライトセーバーの対決を繰り広げ、勝利を収めた。ヨーダも格納庫にやって来たが、ドゥークーは巧みに戦いを切り上げ、ソーラー・セーラーでジオノーシスから脱出した。[3]

ジオノーシスの戦いは共和国の勝利に終わった。しかし、この戦いをきっかけにクローン戦争の火蓋が切って落とされ、銀河の各地へ戦火が及ぶことになった。ドゥークーはコルサントのザ・ワークス地区でマスターと落ち合い、首尾よく戦争が始まったことを報告した。[3]

クリストフシスの戦い

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

終戦へ

コルサントの戦い

Blue Glass Arrow 詳細はコルサントの戦いを参照
Spacebattle

コルサントの宇宙戦

クローン戦争の3年目、グリーヴァス将軍が率いる連合軍艦隊が共和国の首都惑星コルサントを急襲した。彼らは元老院最高議長シーヴ・パルパティーンの誘拐に成功したが、コルサントの上空で共和国艦隊の激しい抵抗に遭った。共和国のヴェネター級スター・デストロイヤーは分離主義勢力のミュニファスント級フリゲートプロヴィデンス級キャリアー/デストロイヤーと交戦し、激しい砲火の間をクローンの攻撃型偵察機170スターファイターVウイング、連合軍のトライ=ファイターヴァルチャー・ファイターが入り乱れた。分離主義勢力がハイパースペースへ逃げる前に議長を救出すべく、オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーイータ2アクティス級軽インターセプターに乗り込んで宇宙戦に参加した。戦闘中、ケノービのR4-P17バズ・ドロイドに破壊されたが、スカイウォーカーとR2-D2の活躍で彼らの船を分解しようとしていた破壊工作ドロイドは全て撃退された。その後、ジェダイは議長が監禁されているグリーヴァスの旗艦インヴィジブル・ハンド>に乗り込んだ。格納庫にいたバトル・ドロイドを全て破壊した後、スカイウォーカーとケノービは敵の罠であることを知りながら議長が拘束されている観測室へ向かった。[2]

Dookuepisodeiii

ドゥークーとジェダイの対決

観測室に足を踏み入れると、ジェダイの背後からドゥークー伯爵が姿を現した。ジオノーシスの過ちから学んだスカイウォーカーは、ひとりで突進するのではなく、ケノービと組んで伯爵に挑んだ。ケノービはフォースで投げ飛ばされて気を失ったが、スカイウォーカーは一対一の対決でドゥークーを破った。ドゥークーは既に両腕を切断され戦うことができなかったが、スカイウォーカーはパルパティーンの指示に従って無力な伯爵に止めを刺した。その後、スカイウォーカーは議長の拘束を解き、意識を取り戻したケノービと共に<インヴィジブル・ハンド>から脱出しようとしたが、レイ・シールドドロイドに行く手を阻まれた。彼らはグリーヴァスの待つブリッジへ連行されたが、ケノービとスカイウォーカーはフォースで武器を取り戻して反撃し、バトル・ドロイドや将軍のマグナガードを破壊した。形勢が不利になったことに気付いたグリーヴァスは、ブリッジの窓を破壊して逃げ出した。<ハンド>は宇宙戦の損傷でコルサント地表へ落下し始めており、もはや脱出は間に合わないと判断したスカイウォーカーは、燃え盛る軍艦を操縦してなんとか不時着を成功させた。議長は無事に元老院へ戻り、コルサントの戦いは共和国の勝利に終わった。[2]

追い詰められた連合軍

SepKashyyykForces

キャッシークを侵攻する連合軍

コルサントの敗北の後、グリーヴァスは惑星ウータパウにある分離主義者の拠点に戻った。シディアスはホログラム通信で将軍に連絡を取り、分離主義者の幹部たちをムスタファーに移動させるよう指示した。一方、ドゥークーを失った分離主義勢力に追い討ちをかけてクローン戦争に終止符を打つべく、共和国はグリーヴァス逮捕を最優先課題に設定した。共和国はアウター・リム包囲作戦を展開し、ジェダイの将軍たちはサルーカマイボーズ・ピティを始めとする辺境領域の惑星でクローン軍を指揮した。この頃、ウーキーの故郷である惑星キャッシークが連合軍に侵略され、ウーキーと交流のあるグランド・マスターヨーダが援軍を率いて現地に赴くことになった。間もなく、クローン情報部によってグリーヴァスの居場所が特定されると、ジェダイ最高評議会はオビ=ワン・ケノービをウータパウに派遣した。[2]

戦争の終結が目前に迫る中、パルパティーンはスカイウォーカーをフォースのダークサイドに誘惑して味方につけようと策を弄した。コルサントの戦いで年老いたドゥークー伯爵を見捨てたのも、この若くて強力なジェダイを新しい弟子にするという計画があったからこそだった。当時、ジェダイ・オーダーは権力を手放そうとしない最高議長を不安視していたが、パルパティーンはこの状況を逆手に取り、スカイウォーカーがジェダイ評議会に不信感を抱くよう仕向けた。また、妻のパドメ・アミダラが出産時に命を落とすヴィジョンに悩まされていたスカイウォーカーは、人びとをから救うことができたと言われるシス卿ダース・プレイガスの物語に興味を持った。同じ頃、ケノービはウータパウに到着した。ジェダイ評議会は、もしグリーヴァスが倒された後も最高議長が権力を手放さなかった場合、彼を辞任に追い込み、元老院を一時的にジェダイの統制下に置くのも止む無しと考えていた。[2]

212th Battalion

ウータパウの戦い

ウータパウに到着したケノービは、パウ・シティ宇宙港行政長官ティオン・メイドンからグリーヴァスの居場所を聞き出した。将軍はこの時、分離主義者の幹部たちを集めてムスタファーへ行くよう命じている最中だった。分離主義者たちがウータパウから逃げ出す中、ケノービはサイボーグの将軍をライトセーバーの対決で圧倒した。コマンダーコーディ率いる第212突撃大隊がパウ・シティへの攻撃を開始した直後、グリーヴァスはホイール・バイクに乗って戦場から逃げ出した。ケノービはボーガという名のヴァラクティルに乗ってグリーヴァスを追跡し、将軍の個人用スターファイターソウルレス・ワン>が泊めてあるプラットフォームで最後の対決を繰り広げた。追跡中にライトセーバーを落としてしまったケノービは、肉弾戦で窮地に追い込まれたが、フォースでブラスターを手元に引き寄せ、間一髪のところでグリーヴァスを射殺した。[2]

オーダー66

Duel on Coruscant

議長の執務室へ押しかけた4人のジェダイ

ケノービとグリーヴァスが戦っていた頃、パルパティーンは自分の正体がシスの暗黒卿ダース・シディアスであることをスカイウォーカーに明かした。衝撃を受けたスカイウォーカーは、議長の告白を報告するためジェダイ・テンプルに戻った。ちょうどこの時、グリーヴァス死亡の知らせを受け取ったジェダイ・マスターのメイス・ウィンドゥは、最高議長に非常時大権を手放すよう勧告しに行こうとしていた。スカイウォーカーから議長の正体を知らされたウィンドゥは、評議会メンバーのエージェン・コーラーサシー・ティンキット・フィストーを引き連れて議長の執務室へ赴いた。4人のジェダイはライトセーバーを起動して議長の逮捕を試みたが、パルパティーンこと暗黒卿ダース・シディアスはウィンドゥを除く3人をあっという間に斬殺した。ウィンドゥは独力でシディアスを追い詰めたが、そこにスカイウォーカーが駆け付け、殺すのではなく逮捕して裁判にかけるべきだと主張した。シス卿を生かしておくのは危険だと考えたウィンドゥはそのまま止めを刺そうとしたが、妻を救う術が失われることを恐れたスカイウォーカーは、ウィンドゥの腕を切断して攻撃を妨げた。[2]

Flaming Temple

炎上するジェダイ・テンプル

シディアスは痛みに呻くウィンドゥをフォース・ライトニングで殺害した。スカイウォーカーは自分がしでかしたことの重大さに慄いたが、ダークサイドの教えを受け入れ、シディアスの弟子になることに同意した。シディアスは新しい弟子にダース・ヴェイダーという名前を与えた。暗黒卿はジェダイ・オーダーを一挙に壊滅させるため迅速に行動を起こし、ヴェイダーをジェダイ・テンプル襲撃任務に派遣した後、銀河系各地のクローン・トルーパーにオーダー66の実行命令を出した。カミーノで製造された段階で頭部に行動制御チップを埋め込まれていたクローンたちは、最高司令官である議長の命令に忠実に従い、ジェダイを反逆者とみなして処刑した。サルーカマイマイギートーフェルーシアケイト・ニモーディアカラー[6] といった様々な戦場で、ジェダイの司令官たちがクローンの奇襲に遭って命を落とした。一方、ヴェイダーは第501軍団を率いてテンプルを襲撃し、幼いジェダイ・イニシエイトを含むあらゆるジェダイを殺害した。[2]

ジェダイ・オーダーは一夜にして壊滅したが、オーダー66を生き延びたジェダイもわずかながら存在した。グランド・マスターのヨーダはコマンダー・グリーを返り討ちにし、ウーキーのチューバッカターフルの助けを借りてキャッシークから脱出した。ジェダイと親しいオルデラン代表のベイル・オーガナ元老院議員(彼はテンプル襲撃現場に駆けつけ、パダワンゼット・ジュカッサがクローン兵に殺される場面を目撃した)がCR70コルベットタンティヴIII>でヨーダを回収した。ケノービはグリーヴァスの戦闘機に乗ってウータパウを離れ、オーガナの船と合流した。[2] また、惑星カラーの戦場では、マスター・デパ・ビラバが自らの命を犠牲にしてパダワンのケイレブ・デュームを逃がした。[6]

ムスタファーの任務

Blue Glass Arrow 詳細はムスタファーの任務を参照
VaderAboutToKillTambor-ROTS

ダース・ヴェイダーはムスタファーで分離主義勢力の幹部を皆殺しにした

テンプル襲撃が成功に終わった後、シディアスは分離主義評議会を抹殺するためヴェイダーをムスタファーへ派遣した。コルサントで元老院の緊急議会が開かれていた頃、ヴェイダーとR2-D2の乗るジェダイ・スターファイターが独立星系連合の幹部が集まるムスタファーの施設に到着した。ヴェイダーはR2-D2を船に残し、ひとりで施設の中へ入っていった。暗黒卿からお払い箱にされたことを知らないヌート・ガンレイサン・ヒルは、ムスタファーにやって来たヴェイダーを歓迎した。ヴェイダーはすぐに建物の扉を閉めて分離主義者の逃げ道を塞ぎ、ライトセーバーを起動して任務に取り掛かった。彼は逃げ回る分離主義者たちを容赦なく殺害し、バトル・ドロイドの警備兵もひとつ残らず破壊した。シディアスは、任務を終えたヴェイダーにバトル・ドロイド軍を停止させるためのシグナルを送信した。指導者と軍隊を失った分離主義勢力は崩壊し、3年間続いたクローン戦争は終結した。[2]

その後

ヴェイダーがムスタファーの任務を遂行している頃、ジェダイと分離主義者という両陣営の邪魔者を消し去ったパルパティーン議長は、銀河元老院で特別議会を招集した。彼はジェダイが共和国の転覆を試みていたと説明し、オーダー66を正当化した。ジェダイの反逆を根拠に、パルパティーン議長は強力で安定した国家の必要性を訴え、銀河共和国を解体して第1銀河帝国を創設すると宣言した。元老院議員のほとんどは、自ら銀河皇帝を名乗るパルパティーンの改革を支持し、拍手で受け入れた。[2] この“ニュー・オーダー宣言”に伴い、銀河元老院は帝国元老院へ、共和国宇宙軍およびグランド・アーミー帝国宇宙軍および地上軍へと生まれ変わった。また、共和国保護委員会ニュー・オーダー保護委員会として再編され、帝国保安局を始めとする組織が帝国のニュー・オーダー(新秩序)の適切な施行を監督した。クローン戦争で活躍したクローン・トルーパー帝国軍ストームトルーパーとなったが、その内に占めるクローン兵士の割合は減っていき、徴募兵や志願兵が取って代わった。アクラメイター級艦AT-TEを始めとする共和国の戦争兵器は、しばらくして現役を退き、代わりにインペリアル級スター・デストロイヤーAT-ATが前線で活躍するようになった。

クローン戦争終結直後、オーダー66を生き延びたマスター・ヨーダが皇帝パルパティーンの暗殺を試みたが、失敗に終わった。一方、ムスタファーではケノービがかつての弟子であるヴェイダーと戦い、勝利を収めた。ケノービは手足を失ったヴェイダーをムスタファーの溶岩に置き去りにした。しかし、ヴェイダーはこの窮地を生き延び、黒い生命維持装置と装甲服に全身を包んだサイボーグとして蘇った。ヴェイダー自身も知らなかったが、彼の妻アミダラは、死ぬ直前にルークレイアという双子を出産していた。ケノービとヨーダは、スカイウォーカーの血を引く双子をシス卿や帝国から隠すため、ルークをタトゥイーンラーズ家へ、レイアをオルデランのオーガナ家に預けることに決めた。[2]

パルパティーンの銀河帝国は20年以上にわたって存続した。[7] しかし、帝国の専制主義的な統治に対する反感はしだいに高まり、クローン戦争の終結から5年後には散発的な抵抗運動が発生していた。[1] 皇帝に不満を抱いていた帝国の元老院議員や、オーダー66を生き延びたジェダイ・オーダーのメンバーも反乱者として運動に加わり[8]、やがて共和国再建のための同盟(反乱同盟軍)が形成された。帝国軍と反乱軍の間には銀河内戦が勃発し、銀河系は再び大規模な紛争に直面することになった。[7]

登場作品

参考資料

脚注

クローン戦争
銀河系のタイムライン

前:分離主義危機

次:ジェダイの粛清 · ライロスの反乱

クローン戦争の戦い
22 BBY ジオノーシス(I) · アンター4 · 共和国兵員輸送船 · クリストフシス(I) · テス(I) · ジャバの宮殿(I) · ズィロの宮殿 · アーゴナー · ライロス · ルゴサ · アブレガド · リンデリア星系 · カリーダ星雲(I) (II) · ミンバン · リシ・ムーン · ファリーン · ボサウイ · 外回廊 · スカイトップ・ステーション · ローディア(I) · トランクィリティ · ヴァセック3 · ヴァンコア(I) · フローラム(I) · クエル · マリダン · オルトー・プルトニア(I) (II)
21 BBY ナブーの研究所 · アイエゴ · フェルーシア(I) · ジェダイ・テンプル(I) · デヴァロン(I) · グリー・アンセルム · ローディア(II) · ナブー(I) · ブラック・ストール・ステーション · ムスタファー(I) · フェルーシア医療ステーション · フェルーシア(II) · マラステア · ジロ・ビースト事件 · ケイト・ニモーディア(I) · マーカナ · Dorin · Geonosis (II) · Dantooine · TB-73 · Capture of Eeth Koth · Saleucami (I) · Republic cruiser · Concordia · Coronet · Plot to assassinate Satine Kryze · Endurance · Vanqor (II) · Florrum (II) · Mandalore (I) · Sundari docks · カミーノ · パントラ · 元老院人質事件 · テス(II) · コルサント中央送電網 · 連合市民への攻撃
20 BBY サラスト · セレノー(I) · デヴァロン(II) · トイダリア · モーティス · ローラ・サユー · Felucia (III) · Wasskah · Mon Cala · Naboo (II) · Aleen · Patitite Pattuna · Rescue of Adi Gallia · アンバラ · キロス · ザイゲリア · カダーヴォ · カーラック · Central Detention Center · Orondia · Serenno (II) · Theed · Dathomir (I) · Raydonia (I) and (II) · オンダロン · クルーシブル · Obi-Wan Kenobi's fleet · Florrum (III) and (IV) · Unidentified planet · Aut-O's flagship · Abafar · Carida · Outer Rim spaceport · Cybloc transfer station · Florrum (V)
19 BBY
アウター・リム包囲作戦
Mustafar (II) · Nal Hutta · Jabba's Palace (II) · Mandalore (II)
Sundari · Cato Neimoidia (II) · Jedi Temple (II) · Republic military base · Capture of Ahsoka Tano · Jedi Temple (III) · Ringo Vinda · Tipoca City · Grand Republic Medical Facility · Level 1325 · Scipio (I) and (II) · Bardotta · Zardossa Stix · Oba Diah · Moraband · Utapau (I) · Anaxes · Yalvik Prime · Skako Minor · Mahranee · Haruun Kal · Raxus · Serenno (III) · Spire · Zanbar · Ord Mantell · Vizsla Keep 09 · Dathomir (II) · Serenno (III) · Rescue of Quinlan Vos · Separatist storage base · Vanqor (III) · Christophsis (II) · Jedi Temple (IV) · Kardoa · Mygeeto (I) · Lokori · Geonosis (III) · コルサント · マンダロア(III) · サルーカマイ(II) · キャッシーク · ウータパウ(II) · マイギートー(II) · フェルーシア(IV) · ケイト・ニモーディア(III) · カラー · パルパティーンの執務室 · ジェダイ・テンプル(V) · オーダー66 · ムスタファー(III)
その他 Agamar · Akiva · Grange · Hypori · Khorm · Merj · Phindar · Roche · Sarrish · Sedratis · Separatist cell · Slag's Pit · Tibrin · Thrugii asteroid belt · Unidentified planet · Unidentified sector · ヴァルト · Zequardia
関連記事
銀河共和国 · ジェダイ・オーダー · シス · 独立星系連合

銀河帝国 · オルデラン難民会議 · 連合=共和国和平交渉案
連合=共和国和平会談 · 共和国戦略会議 · シャドウ・コレクティヴ

  [Source]
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。