FANDOM


類似した名称の記事はフレイムトルーパー(曖昧さ回避)を参照

クローン・フレイムトルーパー[1](Clone Flametrooper)、別名フレイム・トルーパー(Flame trooper)は共和国グランド・アーミーに仕える特殊部隊で、火炎放射器を使う作戦に特化したクローン・トルーパーである。第二次ジオノーシスの戦いで活躍した。

装備

クローン・フレイムトルーパーは火炎放射器を装備し、断熱アーマーを着用した。彼らのヘルメットには首を包むカバーが付属しており、背中にバックパックを背負い、腰にはカーマをつけていた。

歴史

21 BBY第二次ジオノーシスの戦いで、ジェダイ将軍キ=アディ=ムンディ特殊作戦部隊クローン・トルーパーコマンダーCC-1993(ジェット)はクローン・フレイムトルーパーの部隊を率いて独立星系連合に属すジオノージアン兵士と戦った。LAAT/iガンシップで地上に降りた後、ムンディのチームは徒歩で他の部隊との合流地点を目指し、その途中にあった洞窟でジオノージアンに襲われた。合流地点へ急ぐため、ムンディはフレイムトルーパーに命じて行く手を阻むジオノージアンを火炎放射器で焼き払わせた。

登場エピソード

参考資料

脚注

共和国軍
グランド・アーミー 第7空挺兵団 - 第41精鋭兵団 - 第91機動偵察兵団 - 第327星間兵団 - 第104大隊 - 第212突撃大隊 - 第501軍団 - ゴースト中隊 - グリーン中隊 - トレント中隊 - タンゴ中隊 - ウルフパック - クローン・フォース99 - デルタ分隊
宇宙軍 オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊 - ブルー中隊 - ゴールド中隊 - シャドウ中隊 - クローン・フライト7
スターシップ ヴェネター級スター・デストロイヤー - アクラメイター級アサルト・シップ - リパブリック・フリゲート - ペルタ級フリゲート - アークワイテンズ級軽クルーザー - CR90コルベット - イータ級シャトル - T-6シャトル - ニュー級アタック・シャトル - シータ級T-2cシャトル - Vウイング - ARC-170 - クローンZ-95 - V-19トレント - Yウイング - デルタ7 - デルタ7B - イータ2
ビークル AT-TE - AT-OT - AT-RT - AT-AP - AV-7対ビークル砲 - BARCスピーダー - HAVw A6ジャガーノート - RX-200 - LAAT/i - LAAT/c - 自走重砲
クローン・トルーパー マーシャル・コマンダー - コマンダー - キャプテン - ルテナント - サージェント - ARC - ARF - BARC - コマンドー - ショック・トルーパー - スキューバ・トルーパー - ナビゲーション・オフィサー - パイロット - フレイムトルーパー - メディック - ライオット・トルーパー - 特殊作戦部隊
[テンプレート]
他言語版